当時7歳の神木隆之介もゲスト出演!沢口靖子のおちゃめな演技が光る「科捜研の女 Season2」

(C)東映

Season2は、1ヶ月の休暇を取り、自動車教習所の免許合宿に励むマリコの危なっかしい運転からスタート。免許取得に苦戦しているマリコを京都県警のヘリに乗って迎えに来たのは、城丸準子刑事。"No.12"と呼ばれる、警察関係者をターゲットとした殺人犯が新たに犯行に及んだことを聞かされたマリコは、新たに科捜研のメンバーに参加した犯罪分析官(プロファイラー)の武藤要や、監察医の高野美華(羽野晶紀)といった、ひと癖もふた癖もある人物と共に、難事件の解決に挑んでいく。

当時、35歳とは思えないほどにフレッシュでみずみずしい美しさの沢口が披露したのは、驚くほどに自然体の演技。前シーズンで確立したおちゃめな榊マリコ像に、さらなる人間味を加えることに見事成功している。そんな沢口を脇から支えている俳優陣の名演も見逃せないポイント。なかでも、Season5よりマリコの相棒として活躍する京都府警刑事・土門薫を演じる内藤剛志が、犯罪心理分析官・武藤という現在とは異なる役柄に扮していることにも注目してもらいたい。

(C)東映

Season2の第2話では、殺人事件の唯一の目撃者となる少年・祐介を、当時7歳だった神木隆之介が好演。愛くるしい彼に抱きつかれたり、添い寝をしたり、祐介と離れることが決まった際には寂しさに声を震わせたりと、祐介の存在に大きく心揺さぶられていくマリコを見事に演じきった沢口と神木との共演も必見だ。
誰もが愛さずにはいられない魅力的なキャラクター・榊マリコを自身最大の当たり役とした沢口靖子。彼女の等身大の演技をこの機会に堪能して欲しい。

文=中村実香

放送情報

科捜研の女 season2
放送日時:2022年10月2日(日)19:00~、2022年10月5日(水)4:00~
チャンネル:東映チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

沢口靖子の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事