独特なこだわりも披露!本田真凜、人生初ロケ&母直伝の手料理で見せる等身大の魅力

「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」
「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」

10月8日〜10日、フィギュアスケートの国内ブロック大会「東京選手権」(東京・ダイドードリンコアイスアリーナ)が開催された。この大会で昨年の「NHK杯」以来およそ1年ぶりとなる今シーズン初の公式戦に臨んだのが本田真凜だ。現在は大学2年、自身の現役生活について大学卒業を一区切りとすることを示唆しているが、今大会では総合12位の成績で「東日本選手権」への出場を決め、7年連続の「全日本選手権」出場権獲得に向けて奮闘する姿を見せた。

本田真凜が手料理を披露する「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」
本田真凜が手料理を披露する「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」

氷上の姿とはうって変わって、自身の初冠番組である「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」では手料理を披露し、自然体の魅力を覗かせている。アスリートフードマイスターと野菜ソムリエの資格を持つ母の直伝のレシピで、おいしくて栄養バランスも考えられた手料理に挑戦する...というオフシーズンならではの企画が好評だ。

今年6月に放送された#1、#2では「野菜たっぷり玄米太巻き」と「かき卵豆腐サンラータン」を披露した。普段は簡単な料理を作ることが多いという本田は、レシピをダンスで表現するなどのムチャぶりにも応えながら、少しぎこちない手つきで調理。自身や姉妹のエピソードも交えつつ、初々しく料理を作って紹介する姿もまたかわいらしい。

「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」
「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」
「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」
「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」

反響を受け、30分に放送時間を拡大した続編では、キッチンを飛び出して人生初のロケを敢行。食レポもこなしつつ、本田の地元・京都の錦市場と食い倒れで有名な大阪の黒門市場で現地の人と触れ合いながら食材を厳選する。

#3では京都の代表的な漬物"すぐき"を使ったパスタと抹茶ティラミスという京都らしい料理をチョイス。#4では「大阪の台所」と称される市場で入手したマグロをふんだんに使って、マグロ尽くしのハンバーグとカルパッチョに挑戦した。ロケでの素直なリアクションや盛り付けにも独特なこだわりを見せ、本田が新しい一面をのぞかせている。

「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」
「フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング」

おいしさとフィギュアスケーターとしての体型維持を両立する、ヘルシーで栄養満点のレシピは真似したくなるものばかり。本田姉妹のパワーの源となっている料理からは母の愛も感じられる。シーズンが本格化するこれからの活躍に期待しながら、等身大の本田の魅力を楽しんでほしい。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

フィギュアスケーター本田真凜のすべらないクッキング
#3 すぐきパスタ&抹茶ティラミス

放送日時:2021年11月6日(土)10:30~
#4 まぐろハンバーグ&まぐろカルパッチョ
放送日時:2021年11月13日(土)10:30~
チャンネル:GAORA SPORTS
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!