鳥谷敬が不調の阪神に提言!「緩く考えていくしかない」

鳥谷敬
鳥谷敬

山本昌がMCを務める「マサNOTE~山本昌が記す球人の軌跡~」(スポーツライブ+)#32に、昨年引退した鳥谷敬が登場。番組では、鳥谷の野球人生を振り返るほか、盟友であるヤクルトスワローズ・青木宣親選手についてや現役時代の山本の印象に加え、彼の技術の神髄に迫る。

今回、収録後の鳥谷にインタビューを行い、収録の感想や引退してからの心境、今シーズンの球界などについて語ってもらった。

――収録はいかがでしたか?

「自分の半生を振り返るっていうのはなかなかないことですし、自チームの人と話すことはあっても、他チームの人たちが自分のことをどう思っていたかなんて聞く機会はないので、昌さんが自分に対してどう感じていたかということも聞けて、すごくありがたい時間でした。自分自身、『ボール球は振らないように』というのを常に心掛けていたので、相手もそういうふうな目で見てくれていたというのはうれしかったですね」

――対戦相手ではなく、MCとしての山本さんの印象は?

「年代的にはかなり違うんですけど、選手や相手をリスペクトされている姿は本当に勉強になりました。年齢など関係なく相手をリスペクトするというのは、相手の印象や観ている人への印象など、いろいろなものに影響を与えると思うので、そういった姿勢は大事なのだなと改めて感じさせていただきました」

――番組では深い技術論もお話されていました。

「野球選手だったら、ほとんどそれぞれが自分の考えややり方の中でやっているので、あまり表立って技術について話すことはないですし、番組でも"守備なら守備""打撃なら打撃"というふうに大きい枠で話すことはあっても、ここまで細かく深く話したことはないですね。聞かれたことがなかったですし(笑)」

――ユニホームを脱いでから一番変わったことは?

「毎日、何も考えなくても生活できるというところですね。開幕、キャンプ、自主トレと、逆算してその日にやるべきことを決めて動くといった、"細かいところまで考えて意識しなければならないこと"が今は全くないので。自分も実際にやっていたのに、辞めてみて『現役の選手って大変だな』って初めて感じています。時間も自分で好きに使えますし、チームで動くということがないから集団行動にまつわるストレスもなく、周囲から受ける影響はほぼない生活なので、もうめちゃめちゃ最高ですね!野球の方には当分戻れないなっていう感じです(笑)」

――現役生活の大変さがうかがえます。

「(現役中は)大変なことに気付いてないんですけどね。食事にしろトレーニングにしろ、全てにおいて野球につなげて考えていましたし、プロに入ってからずっとそういう生活だったので、辞めてから『本当に大変なところで仕事していたんだな』と(笑)。だから今は、何もすることがなくて『何をしようかな?』って考える幸せを感じています。そういったことって、今までなかったので」

――今シーズンの球界をどう見てらっしゃいますか?

「全体的に『延長12回』っていうのがあるので、ピッチャーはかなり負担が掛かるし、昨年と比べるとオリンピックの影響がないぶん負担も増えてくると思うので、トータルとして"中継ぎ"がある程度バシッとハマっているチームは当然上位にいると思いますし、そこがうまく回らなかったところは、やはり下位にいるんじゃないかな。だから、年間を通して後ろの"中継ぎ"や"抑え"が安定しているチームが上に上がってくるんだろうな、と」

――阪神タイガースの不調(※取材日の4月4日時点)をどう見てらっしゃいますか?

「やっぱり初戦の出だしがうまくいかなかったっていうのが大きいとは思うんですけど...。最初っていうのは、みんなかなり難しく入っていくもので、ピッチャーの初登板やバッターの1打席目など、そういう"入り"のところで失敗すると次の時心配になって、それが続いてしまうんです。『1回目の登板で勝っていれば次は大胆にいけるけど、そうでなければ大事にいく』といった具合に、やっている中で全部確実な方を選択してやっていかなきゃいけなくなっていく。逃げ道がなくなっていく、というか。そうなると、"相手と戦う"というよりも"自分たちでどうするか"ということばかり考えてしまうので、"この相手ならこうする"といったようにもっと相手と勝負していかないと、このままずるずるといってしまうんじゃないかなと」

――トンネルから抜けるためのポイントは?

「連敗中というのはいろんなマイナスな思考が沸いてきてしまうのですが、それは1つ勝つことでしか打破できないので、まずは1つ勝って(マイナスな思考を)フラットな状態に戻すことが大事ですね。ただ、『こうやったら点を獲れるんだ』『こうやったら抑えられるんだ』『こうやったら勝てるんだ』という成功パターンが見えないまま10日経ってしまったので、状況はかなりキツいと思います。でも、143試合ある内の9敗。『80勝するとしても60敗はするので、あと50敗しかできない』くらいの感じで考えると、あとのカードを2勝1敗で続けていけば約1カ月でフラットになる。『あとは全部勝たなきゃいけない』と思って戦うとどんどんキツくなってくるので、『2勝1敗でいけば、9カードでチャラになる』というふうに緩く考えていくしかないんじゃないでしょうか」

――3月に予想されていた優勝チーム(セ・巨人、パ・ソフトバンク)が好調ですね。

「ジャイアンツに関しては、去年、新外国人と"抑え"がいなくて3位だったので、そこが決まった場合には当然上位になるという予想だったので。もちろん、大勢投手がシーズン最後までいけるかというところは大きなポイントになってくるとは思いますが、上位には入ってくるだろうなと。

ソフトバンクに関しては、去年、森(唯斗)投手、(リバン・)モイネロ投手、(ジュリスベル・)グラシアル選手が抜けてから順位を落としていったので、現状の選手たちがけがをせずに1年間戦えばこのままソフトバンクかなと。逆に、この2チームの"抑え"や中心選手がけがをすれば、(優勝するのは)また違うチームになるでしょうし。後ろが決まらないチームというのは必ず順位を落としていくので」

――最後にファンの皆さん、視聴者の方々にメッセージをお願いします!

「この番組を観て、自分が野球で感じていたこと、グラウンドで考えていたことを多少なりとも知っていただいて、『そういうふうに考えていたんだ』とか『そういうふうな思いがあったんだ』というのを少しでも感じてもらえたら、話した方としてはありがたいなと思います」

文=原田健

この記事の画像

放送情報

マサNOTE~山本昌が記す球人の軌跡~#32
放送日時:2022年4月16日(土)19:00~
チャンネル:スポーツライブ+
※放送スケジュールは変更になる場合があります

「マサNOTE~山本昌が記す球人の軌跡~」は配信サービス『SPOOX』にて
1話190円、月額390円で視聴可能!

詳しくはこちら

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事