銀河戦で初優勝!菅井竜也八段の活躍を振り返る

第29期銀河戦で、初の全棋士参加棋戦優勝を果たした菅井竜也八段。今回は銀河戦での戦いぶりを中心に振り返っていこう。

菅井は順位戦A級に在籍しており、現在の将棋界では貴重な振り飛車党のトップ棋士。中飛車から向かい飛車など様々な筋に飛車を振り、独創的な新手、新構想を披露している。人間らしい勢いのある棋風で、多くのファンを魅了する。

2017年度の第58期王位戦でタイトル戦初登場。羽生善治王位(当時)を4勝1敗で破って初のタイトル獲得となった。しかし翌年の防衛戦では、豊島将之棋聖(当時)にフルセットの末に敗れて失冠。互いに先手番をすべて取り合う珍しいシリーズだった。その後はタイトル戦に出場するには至っていなかったので、今回の銀河戦決勝は久しぶりの大舞台。だが、決勝までの道のりは苦戦の連続だった。

本戦Aブロックの10回戦から登場し、畠山鎮八段を破る。決勝トーナメント進出を懸けた最終戦では広瀬章人八段と対戦。壮絶な玉頭のねじり合いで、苦しい局面も多かったものの秒読みの死闘を制し、からくも勝ち上がりを決めた。

第29期銀河戦で優勝した菅井竜也八段
第29期銀河戦で優勝した菅井竜也八段

(C)囲碁・将棋チャンネル

決勝トーナメント1回戦では若手の黒田尭之五段と対戦。積極的な仕掛けでペースをつかむが、穴熊の堅さを武器に勝負に持ち込まれる。逆転されていてもおかしくない熱戦となるが、最後は粘り強く制した。続く2回戦では星野良生五段と対戦。終盤で千日手となり、指し直しも形勢の揺れ動く大熱戦に。激戦だったが、最後は駒の枚数を生かして押し切った。

準決勝は増田康宏六段と。増田の機敏な仕掛けで早々に苦戦に陥る。最終盤まで苦しい局面が続いていたが、最後に粘りの妙技を見せて逆転。土俵際でひっくり返して初の決勝進出を決めた。なお、準決勝の少し前に菅井は利き手を骨折して反対の手で指していた。手つきこそぎこちないが、指し手は普段通りの勢いを見せた。

迎えた決勝では、藤井聡太銀河を下してきた渡辺明名人と対戦。菅井は向かい飛車から穴熊へと組む。プロ間では振り飛車が減り、さらに穴熊は敬遠されがちな時代だが、アマチュアでは変わらず人気のある戦法だ。渡辺の仕掛けに対して的確なさばきを見せると、大駒を見捨ててと金を量産する。終盤は堅さを生かす穴熊流の食いつきを実現し、そのまま相手に反撃を許さず攻め切った。職人芸で穴熊として理想的な勝ちっぷりで大敵を下し、優勝を勝ち取った。

大舞台で振り飛車穴熊を使っての快勝は、多くのアマチュア振り飛車党を勇気付けたことだろう。次は再びタイトル戦に登場し、華のある振り飛車のさばきを見せてくれることを期待したい。

文=渡部壮大

この記事の画像

放送情報

第29期 銀河戦 決勝トーナメント 準決勝 第2局 菅井竜也八段vs増田康宏六段
放送日時:2022年1月28日(金)22:00~

第29期 銀河戦 決勝トーナメント 決勝戦 渡辺明名人vs菅井竜也八段
放送日時:2022年1月31日(月)22:00~

チャンネル:囲碁・将棋チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

菅井竜也の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事