名人初防衛を果たすもまだまだ激戦続きの藤井聡太、5月の対局を振り返る

挑戦者の様々な作戦に苦しめられたものの、名人戦は4勝1敗で初防衛。激戦になっている叡王戦はカド番をしのぎ、最終局へともつれ込んだ。
※対局予定棋士の名前の後の()内は藤井から見た過去の対戦成績。

歴代タイトル獲得者一覧はこちらから

5月2日に第9期叡王戦五番勝負第3局で伊藤匠七段と対戦。角換わり腰掛け銀から先手は2九飛・4八金型、後手は8二飛・5二金型の新型対旧型の対抗となる。うまく手を作り順調にリードを奪うが、終盤で伊藤の猛攻の前に受けを誤り逆転。一分将棋の中で勝負手を連発していくが、伊藤にかわしきられて敗戦。1勝2敗と追い詰められた。

5月8、9日に第82期名人戦七番勝負第3局で豊島将之九段と対戦。豊島の雁木に藤井は積極的に棒銀で攻めていく。銀をさばいてリードを奪うと、その後は着実に差を広げて、最後は大差を付けて投了に追い込んだ。これで3連勝と防衛まであと1勝。

5月18、19日に名人戦第4局で豊島九段と対戦。豊島が序盤から趣向を凝らし、先後を入れ替えた形の横歩取りから、手探りの将棋となった。形勢は難しいながら実戦的にまとめにくい将棋になり、途中からは駒損で指しにくい将棋となる。その後も差は埋まらず、珍しく完敗となった。これで七番勝負は3勝1敗に。

5月26、27日に名人戦第5局で豊島九段と対戦。序盤の駆け引きから、豊島は意表の四間飛車。藤井は歩損ながらガッチリと四枚穴熊に固める。堅さを生かした飛車角交換の決戦に持ち込み、細い攻めをつなぐ展開になる。形勢は難解ながら堅陣は勝ちやすく、終盤で抜け出して最後は大差で押し切った。これで4勝目をあげて名人初防衛を果たした。タイトルは通算22期目。

5月31日に叡王戦第4局で伊藤七段と対戦。カド番の本局は、後手番で角換わり腰掛け銀の真っ向勝負に。じっくりとした駒組の結果、伊藤は穴熊、藤井は右玉に構える。先手の動きに乗じてカウンターでペースをつかむ。細かい攻めで着実に差を広げていき、盤石の態勢で押し切った。これで五番勝負は2勝2敗に。最終第5局は6月20日(木)に行われる。

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

[生]ヒューリック杯 第95期 棋聖戦 五番勝負 第2局 午前 藤井聡太棋聖 vs 山崎隆之八段
放送日時:6月17日(月)08:56~
放送チャンネル:囲碁・将棋チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物