浅香唯がノスタルジックに語る!アイドル恋愛事情

歌謡ポップスチャンネルで2014年にスタートした人気番組「しゃべくりDJ」が放送時間を1時間へと拡大して登場。毎回テーマ立てた70〜90年代の音楽をピックアップし、番組DJが独自の視点でしゃべり倒す往年のラジオ風音楽番組だ。今回、シーズン4で番組DJを務める浅香唯さんが感じる、当時のアイドルと現代のアイドルの違いとは?

「しゃべくり DJ 浅香唯のミュージックアワー!!」の収録はいかがでしたか?

「流れる曲とともにいろいろと思い出がよみがえってきて、私自身、すごく新鮮な気分でした。忘れてしまっていたようなことを思い出したりもして、懐かしかったです」

浅香さんのアイドル時代と現代のアイドルとで何か違いを感じることはありますか?

「当時のアイドルって多少イメージが先行しているところがありましたよね。どこかベールに包まれているような感じがあって、ファンの方が妄想できるというか、自分で勝手にアイドル像を作れる部分も大きかった。でも、今って情報が溢れている時代なので、そういう意味では全くもって違いますし、今のアイドルの方が大変だと思います」

当時のアイドルの恋愛事情を教えてください。

「見つからないようにするために、みんな、あの手この手を使っていました。私も当時の彼、現在の旦那ですが、彼をダンボールで運んでもらったこともありましたし、女装してもらったこともありました。それだけ恋愛に関して厳しかったです。現在のアイドルももちろんダメとは言われていると思うんですけど、今は人の目が多いじゃないですか。私たちの頃は、記者の方の目だけ気を付けていれば大丈夫でしたが、今は誰でも写真が撮れてしまいますので、ちょっとやそっとのアイデアでは逃げられないと思いますね」

もともと副賞ねらいでオーディションを受けたのが芸能界入りのきっかけとのことですが、その後、芸能界入りに心が傾いた理由はなんでしょうか?

「親とか親戚全員が芸能界に入ることに大反対で、レコード会社や芸能事務所の誘いを全部お断りしていたんです。でも、その姿を見て、逆に私はやろうと思ったんです。芸能界に入ろうとは考えていませんでしたので、いわば反発心がきっかけと言えますね」

お子さんがAKB48になりたいと言っていたそうですが、子供の芸能界入りには賛成ですか?反対ですか?

「昔ね、今はもう言っていませんよ(笑)。でも、もしやりたいって言うなら私は賛成です。すごく礼儀にしても作法にしても厳しかったので、親じゃない第三者が厳しくする世界もいいなと思いますね」

今後の活動目標を教えてください。

「私はミュージカルだけは性に合わないから絶対にやらないと決めていたんですが、2年ほど前に熱烈なオファーをいただいて、初めてミュージカルに挑戦させていただきました。そこでやってみて初めて知る面白さというか、こんなに面白い世界があるんだということに、この歳になって気付かされました。新しいことに挑戦するのが苦手な私ですが、今後は守りに入らず、いろんなことにチャレンジしていきたいというのが目標です」

文=安藤康之 撮影=大森裕之

この記事の画像

放送情報

しゃべくりDJ 浅香唯のミュージックアワー!!

放送日時:2018年5月9日(水)22:00~

チャンネル:歌謡ポップスチャンネル

放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!