AKIが語る、今知っておくべきアジアの人気グループ【前編】

今や全世界を舞台に活躍するアジア発のグループたち。彼らの魅力や人気の秘密を、スカパー!で放送中の「韓流ザップ」にも出演するAKIさんに聞きました。知ればあなたも、きっと好きになる!

BTS (防弾少年団)

最初に、日本でも大人気のBTS(防弾少年団)の魅力から教えてください。

「彼らのすごいところはまず、なんといってもパフォーマンス。ダンスがうまいとかそろっているというレベルじゃなく、どこか魅力的なハーモニーというか、どの国の誰に見せてもすごいとわかるパフォーマンスをします。
メンバーで作詞や作曲をしますが、メンバーにソウル出身者がいなくて、地方出身者ならではの雑草魂みたいなものが歌詞に投影されているんです。代表曲の『血、汗、涙』もたぶん、メンバーの今までの苦労が出ているのかなと。共感を得られやすい歌詞、パフォーマンスで、アメリカで評価されているのもその点ですね。ある番組でアメリカの有名なプロデューサーさんにインタビューしたとき、『パフォーマンスだけでなく、自分たちのバックボーンが歌詞に表れているところが良い』とおしゃっていました。アイドルの中にもファンが多くて、それくらい魅力があります」

Wanna One

©CJ E&M Corporation, all rights reserved

次は、Wanna OneとJBJについて。この2グループはオーディション番組「プロデュース101」の出身ですね。

「『プロデュース101』は韓国の有名なオーディション番組、サバイバル番組で、元々は女性グループを作ろうという番組でした。男性グループを作ろうという第2弾で誕生したのがWanna OneとJBJです。

そもそも日本では"なりたい職業ランキング"の上位に芸能人は入らないですよね。でも韓国では、最近はYouTuberとか出てきましたが、ちょっと前まで芸能人が1位。それくらい芸能人になりたい人が多いんです。まず練習生になるためにいろんな事務所を受けるんですが、狭き門で。デビューするのにまた狭き門があって、ようやくデビューできても食べていけるのはひとにぎり...。そういう過酷な現実は今まで隠されてきたんですが、この番組は練習風景などの泥臭い場面を全部映したんです。デビューして人気が出た後も、私生活や泥臭い部分を全部見せるような番組を作って、Wanna Oneはとくに共感を得たんですね。

Wanna Oneは『プロデュース101』第2弾の上位11人で結成されたグループですが、一番すごいところは個々の魅力。グループ紹介などでよく『いろんな魅力がつまった』とか聞くと思いますけど、Wanna Oneは本当に、皆さん絶対に誰かのファンになります(笑)。若い女の子のハートをつかむとか、おねえさん担当とか、それぞれに魅力のある子がうまく集まっているんです。

そして、曲も良いです。アルバムを聴くと、タイトル曲以外も全部良い。若くて勢いのあるクリエーターたちが、アメリカなどいろんな世界の流行りの音を聞いて作っているので、音楽がイマドキで生きてるんです。オーディションで人気が出た後、楽曲も良いから人気が加速して、一気に駆け上がったグループですね」

ここまで人気の出たWanna Oneでも、期間限定グループなんですよね?

「韓国では解散をさせたくないと署名活動が始まっていますが、これだけ社会現象になっていて、少なからず韓国の芸能界の形を一つ変えたグループです。2018年末の解散は一つの約束ですけど、僕の勝手な予想では、みなさんの声が集まれば解散しないんじゃないかな。競馬の予想みたいになってますけど...(笑)。解散しなかったらトップに居続けるでしょうし、解散したとしても、みんな生き残り続けると思います」

JBJ

©iMBC Co., Ltd. All Rights Reserved.

一方、JBJはどんなグループですか?

「JBJは、言ってみればWanna One(上位11人)に入れなかったメンバーたちです。でも彼らもすごく人気があって。『プロデュース101』終了時、SNSでファンの皆さんが『こんなグループがあったらいいのに』と好きなメンバーの合成写真を作っていて、どんどん拡散されていたんです。それが現実になったから、まさにファンが作ったグループですよね。

番組の中では、JBJのメンバーは才能があるのに、惜しくもちょっと光の当たらなかった感じだったんです。僕は男だからかもしれないけど『JBJ、がんばれ!』みたいな、野球でいうと昔の楽天を応援しているような(笑)。JBJは高田健太くんという日本人メンバーもいますし、日本のファンは入っていきやすいグループだと思いますよ。

パフォーマンスもとても良くて、人数の多いWanna Oneとはまた違った魅力を放っています。僕はJBJももっと伸びると思っていて、期間限定の枠に縛られず、どこまで爆発するかを期待しています。JBJ、応援しています!」

※取材は2月下旬に行われました。

文=河野貴子

あき●司会、ナレーション、モデル、コラムニストとして活躍。「韓流ザップ」に情報サポーターで出演中。

この記事の画像

放送情報

韓流ザップ

放送日時:2018年4月15日(日)07:30~

チャンネル:BSスカパー!

BTS (防弾少年団) SPECIAL
放送日時:2018年4月18日(水)22:00~
チャンネル:MTV

Wanna One Go (前編)
放送日時:4月22日(日)01:00~
チャンネル:衛星劇場

君の声が見える 5
放送日時:2018年4月11日(水)17:30~
チャンネル:Mnet

JBJの私生活 Part3(前編)
放送日時:4月21日(土)18:30~
チャンネル:KNTV

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!