ハライチ岩井勇気が語る、宮崎駿監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』の魅力

ヨーロッパの小国カリオストロ公国の秘密に挑むルパン三世を描く
ヨーロッパの小国カリオストロ公国の秘密に挑むルパン三世を描く

様々なアニメ作品に精通しているハライチの岩井勇気さんが、「大人にこそ観てほしいアニメ作品」を紹介するこの企画。記念すべき第1回は、1979年に公開された『ルパン三世 カリオストロの城』について語ってもらう。「ルパン三世」の劇場アニメ第2弾であり、後にスタジオジブリの設立に参加し、数々の名作を世に送りだすことになる巨匠、宮崎駿の劇場初監督作品だ。

■『カリオストロの城』ならではのルパンのカッコ良さ

『ルパン三世 カリオストロの城』を初めて観たのは幼稚園の頃だったと思います。僕の家では、テレビで放送されたスタジオジブリの作品や「ルパン三世」シリーズなどのアニメをほぼ必ずビデオに録画していて、その中にこの作品もありました。当時習っていたサッカーの練習が雨で中止になった時、録画したアニメを観るのが一番の楽しみでした。大人になったいまでも、テレビ放送はもちろん、DVDに録画したのを何回も繰り返し観ています。

僕は前提として、「ルパン」というキャラクターが大好きです。泥棒を生業にしていて、嫌な世の中をたくさん見てきているはずなのに、まったく擦れておらず自分なりに人生を謳歌している。前向きに生きているキャラクターです。「ルパンのような生き方っていいな」という気持ちにさせられます。

子どもの時はヒーローのような存在だったルパンが、大人になっていろんな経験をしてきたことで、人としてより尊敬できるようになりました。自分がいくら年齢を重ねても、「ルパンはずっと大人」という印象があるんですよね。

特に『カリオストロの城』では、そんなルパンに対して「成熟」を感じます。本作では若い頃のルパンも描かれているため、年齢設定はおそらくほかのシリーズと比較すると上だと考えられます。かつて助けてもらった少女(クラリス)への恩を、大人になっても忘れずに大切にしている姿が良いですよね。泥棒なのに「できた人だな...」と、どこか尊敬してしまいます。

スティーヴン・スピルバーグが冒頭のカーチェイスを「映画史上最も完璧なカーチェイス」と評した噂も

「『カリオストロの城』ならではのルパンの魅力」があると僕は思っています。中でも特に、ルパンのカッコ良さが際立っているお気に入りのシーンを2つご紹介します。

一つは冒頭のタイトル前のシーンで、車いっぱいに詰め込まれた盗んだ通貨が、実はゴート札だと気づき、それを全部捨ててしまう。そこにルパンの美学を感じます。精巧に作られている偽札なら使おうと思えば使えるはずなのに、それを使ってしまうダサさに乗っからないカッコ良さがあります。

もう一つは、幽閉されているクラリスを助け出すために、仲間の(石川)五右ェ門のほかに銭形警部率いるインターポール(国際刑事警察機構)を呼び寄せて、「これで役者が揃ったってわけだ」とルパンが言うシーンです。カリオストロの城を攻略するために、あえて銭形に予告状を送りつけるというルパンの策略はお見事。ルパンの大泥棒としてのカッコ良さが垣間見えます。

『カリオストロの城』といえば、銭形警部の名台詞も忘れてはいけない!

■時代を感じさせない宮崎駿流のアニメーション表現

『カリオストロの城』が子どもから大人になっても変わらずに楽しめる理由の一つとして、いつ観ても時代を感じさせないキャラクターデザインにあると思います。

1990年代後半~2000年代のアニメ作品が、顔が小さくて目が大きく、まつ毛が長い、いかにも「萌え」を象徴するキャラクターデザインが多いなど、その時代ごとに特徴があります。しかし、宮崎監督のキャラクターデザインは、頭身や顔のパーツなどが変化することはほとんどなく、流行り廃りに左右されていません。だからこそ、子どもから大人まで長きにわたり愛される作品になっているのではないでしょうか。

さらに、宮崎監督ならではのアニメーション表現も、本作が子どもから大人になっても変わらずに楽しめる要素の一つだと僕は考えます。

僕が子どもの頃に『カリオストロの城』を観た時は、コミカルで「THEアニメーション」的な表現を純粋におもしろいと感じていました。そしてそれは、大人になった今でも変わらずに感じ続けているところです。

例えば、ルパンと次元がミートボールパスタを食べるシーンの、少し乱暴に誇張されて描かれるパスタの絡まり具合とか。このほかでは、物語中盤でルパンと銭形が城の地下でゴート札を燃やした際に、中庭に置いていた石像の顔から煙が立ち昇りますが、普通に考えると、石像が空洞で地下とずっと繋がっているという構造は非現実的です。

山盛りミートボールパスタを奪い合うルパンと次元のコミカルさ

実際には起こり得ない「遊びのある表現」が、『カリオストロの城』にはふんだんに詰め込まれています。

僕が一番好きな、ルパンがクラリスを助けるために城内部へ潜入するシーンもまた、遊びのシーンだと思っています。ルパンが屋根を猛スピードで駆け降りてジャンプし、クラリスがいる塔の壁になんとか飛び移り、落ちそうになりそうなところをこらえてよじ登っていく...。おそらく物語の主軸にはあまり関係のない描写なのに、それなりの尺を使って描かれています。そういう表現こそ、僕はアニメ作品で見たいなと思います。

手品を披露してクラリスを和ませるルパン。宮崎監督の演出がカッコ良い!

最近のアニメももちろんおもしろいけれど、辻褄の合ったリアリティのある動きや描写が求められ、物語の本筋から逸れる無駄な表現が省かれていることに一抹の寂しさを覚えます。そんな中で、『カリオストロの城』を含め宮崎駿監督の作る作品は、アニメーションならではのおもしろさ、「アニメってこういうものだよ」ということを改めて感じさせてくれます。

取材・文=阿部裕華

岩井勇気●1986年生まれ。幼稚園からの幼なじみである澤部佑とのお笑いコンビ「ハライチ」として活躍。初のエッセイ集「僕の人生には事件が起きない」が17刷り重版中。放送されるアニメ作品はすべてチェックし、テレビ朝日で放送中の「まんが未知」など、漫画やアニメに関する番組でもMCを務める。

この記事の画像

放送情報

ルパン三世 カリオストロの城<4Kデジタルリマスター版>TV初放送※2Kダウンコンバートにて放送
放送日時:2021年5月5日(水・祝)21:00~、23日(日)21:00~ほか
チャンネル:日本映画専門チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!