チームしゃちほこ改めTEAM SHACHIが見せた、決意の全力パフォーマンス

ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学に続く姉妹グループとして、2011年に結成されたアイドルグループ・チームしゃちほこ。メンバー全員(秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫、坂本遥奈、伊藤千由李)が愛知県出身者で構成された、名古屋を拠点に活動するご当地アイドル5人組だ。

メンバーそれぞれに、名古屋レッド(秋本)、ドラゴンズブルー(咲良)、むらさきパープル(仮)(大黒)、手羽先キミドリ(坂本)、ういろうイエロー(伊藤)と名古屋にちなんだネーミングのイメージカラーが割り振られているのも特徴的。ただし、名古屋っぽいむらさきが見つからなかったのか、大黒のむらさきパープルは(仮)のままになっている。

2012年8月に、それまでライブ会場限定リリースだった1stシングル「恋人はスナイパー/ごぶれい!しゃちほこでらックス」、2ndシングル「トリプルセブン」の全国流通が開始されると、同年10月には3rdシングル「ザ・スターダストボウリング」で名古屋メジャーデビュー。2013年6月、4thシングル「首都移転計画」でついに全国メジャーデビューを果たした。

音楽活動のほかにもテレビやラジオ、映画など多数のメディアで活躍し、2013年4月にはメ~テレで初のレギュラー冠番組『ゆるしゃち』がスタート(2017年3月まで)。東海地方からブームメントを起こすべく制作された名古屋のローカル番組は、DVD化や未公開シーンを加えたディレクターズカット版がCSチャンネルのエンタメ〜テレで放送されるなど、彼女たちの魅力発信に大きく貢献している。

順風満帆な活躍を見せていたチームしゃちほこに激震が走ったのは今年8月。歌姫的存在であった伊藤が10月22日の「"TEAM SYACHIHOKO" THE LIVE ~FINAL~」(Zepp Nagoya)をもってグループを卒業することが発表されたのだ。

迎えた、ういろうイエロー・伊藤として最後の舞台となる卒業ライブ当日。セットリストには、これまでの代表曲や伊藤のソロ曲「泣いてなんかいないよ」などが並び、全21曲を披露した。そしてライブ終了と同時に、伊藤のチームしゃちほことしての活動も幕を閉じた。

伊藤卒業の余韻が残る中、終了後にはさらなるサプライズが待っていた。配布された号外で、グループ名が"チームしゃちほこ"から"TEAM SHACHI"へ改名されることが発表されたのだ。翌23日には早速、新体制初のワンマンライブ「全速前進」が同じくZepp Nagoyaで開催された。本公演では「DREAMER」や秋本が作詞に参加した「ROSE FIGHTERS」の新曲2曲を含む全11曲をMCなしで披露。ライブ名通りのパフォーマンスで、タフ民(ファンの呼称)たちを熱狂させた。

彼女たちにとって非常に大きな意味を持つこの2つの公演、チームしゃちほこの集大成ライブ&TEAM SHACHIのファーストライブの模様が、当日のドキュメント映像やメンバーインタビューを交えてフジテレビNEXTにて放送される。それぞれの終わりと始まりを収めた衝撃の2days公演を、見届けてほしい。

文=安藤康之

この記事の画像

放送情報

"TEAM SYACHIHOKO" THE LIVE ~FINAL~&"TEAM SHACHI"全速前進 ライブ&ドキュメント
放送日時:2018年12月16日(日)20:00~
チャンネル:フジテレビNEXT ライブ・プレミアム

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事