「麻雀が強い奴が仕事ができる訳ではない」サイバーエージェント・藤田社長の言葉に、NMB48・村瀬紗英びっくり!

写真左から 藤田晋氏、村瀬紗英
写真左から 藤田晋氏、村瀬紗英

TBSチャンネル1で放送中の「NMB48村瀬紗英の麻雀ガチバトル!さえぴぃのトップ目とったんで!」の5月4日(土)放送回では、サイバーエージェント社長で麻雀プロリーグ「Mリーグ」のチェアマンを務める藤田晋氏が登場。ほか、フリーアナウンサーの松本圭世、声優の小山剛志が参戦する。

同番組は、"さえぴぃ"ことNMB48・村瀬紗英が、さまざまなゲストたちと麻雀真剣バトルを繰り広げて成長していきながら、"アイドル×麻雀"という新たな境地を開拓していく。

今回、収録直後に村瀬と藤田氏にインタビューを行い、収録の感想や互いの印象、麻雀とビジネスの関連性などについて語ってもらった。

――収録の感想は?

村瀬「やはり最初から空気感も違って...。いつもはヘラヘラ麻雀しているんですけど、今日は背筋が伸びるような緊張感がありました。ミスもたくさんあったんですけど、こんな強い人たちとできる機会もないので一緒に打ててよかったなって思いました」

藤田「リラックスして楽しく打ちました。普段はプロと競技麻雀っていうか"ガチ麻雀"ばっかりやっているので。今日も真剣にはやりましたけどね(笑)」

――お互いの印象は?

村瀬「(藤田氏は)ずっと自分のペースを乱さずに手を作って、どっしり構えていらっしゃって『さすがだな』と」

藤田「(村瀬は)ツキが太い感じはしましたね。ただ、何やっているか分からなかったから怖かった(笑)」

村瀬「あははは!」

――藤田さんは麻雀はどれくらいのペースでやられているんですか?

藤田「最近は1、2週間に1回くらいしかできないんですけど、『Mリーグ』が始まる前までは半分プロみたいにやっていました。今はMリーグのチェアマンなので裏方にまわっていて、自分でやるより見ている方が楽しい感じになっちゃってますね」

――麻雀を打つ上で意識していることは?

藤田「自分の手を作ったり場を見たりする中で、相手の心理を読むことは結構気を付けています。『東一局だと慎重にやっているだろうな』とか『南場の最後の親だからムキになってくるだろうな』とか、そういうことを前提に読みを入れて打っています」

村瀬「へー!(感心) 私なんて自分の手で精一杯で...。いつかそんな感じになりたいです!」

――麻雀にはビジネスに通ずるものがありますか?

藤田「麻雀は、ビジネスの世界にも人生にも近いんですよ。不平等な配牌でスタートして、運にも左右されて、努力したからといって勝てる訳ではない。まさに実社会ですよね。将棋だと運の要素が少ないため大体実力がある人が勝つんですけど。ただそんな中でも麻雀を強くなろうと思ったら、やっぱり努力するしかないんです。実社会と一緒で。ビジネスも運だけでいってもすぐに行き詰まっちゃうから」

村瀬「私もファッションブランドをやっているんですけど、ブランドをたくさんの人に知ってもらうために何かいい方法はありませんか?」

藤田「宣伝するしかないです!(笑)」

村瀬「宣伝の仕方とか、どう工夫すればいいですか?」

藤田「例えば"さえぴぃ"が麻雀がめちゃくちゃ強くていつもそのブランドの服を着ていると、そのブランドの服がカッコよく見える。クリスティアーノ・ロナウドがナイキを着ていたら『ナイキ、カッコいい』みたいな」

村瀬「あー、なるほど!」

藤田「その人がショボかったら、着ている服までショボく見えるから」

村瀬「じゃあ、まずは自分のブランディングからですね...(苦笑)」

この記事の画像

放送情報

NMB48村瀬紗英の麻雀ガチバトル!さえぴぃのトップ目とったんで!
放送日時:2019年5月5日(日)0:00~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!