ONE N' ONLY(ワンエンオンリー)メンバー紹介~KENSHINKOHKI~「眼力で人を倒せる男!?」

YouTubeでデビュー曲「I'M SWAG」の再生回数が100万回、次の「Sexy Beach Party Yes!!」が200万回を超え、日本だけでなく、東南アジア各国から注目を浴びている7人組・ONE N' ONLY(ワンエンオンリー)。インタビュー第2弾は、その双璧をなす、長身&目力強めのKENSHIN(さとり少年団(SBC))と、KOHKI(EBiSSH)の素顔に接近!


マイケル・ジャクソンに憧れる急成長ダンサー
KENSHIN

1999年7月8日(19歳)/B型/Dancer/(from SBC)
高校1年生で事務所に所属してからダンスを開始。179cmの長身から繰り出す、伸びやかなダンスが武器。

グループ最長を誇る、長身の和み系ダンサー
KOHKI

1999年1月15日(19歳)/AB型/Dancer/(from EBiSSH)
聞き上手で人との距離感が抜群とEBiSSHメンバーも絶賛。180 cmの長身でしなやかさが魅力の王子様タイプ。 

まずはONE N' ONLYの「Zepp Tour」公演からお話を伺います。お2人が1番印象に残っているシーンは?

KENSHIN「(東京公演で)1曲目の『I'M SWAG』で機材のアクシデントがあったんですよ。あんなこと初めてだったのでビックリしたんですけど、すぐに切り替えることができたので、みんなの対応力のすごさを感じました。自分もそのハプニングを心の底から楽しめたことが1番の思い出です」

KOHKI「今までにないお客さんの数だったので緊張してたんですけど、そのハプニングのおかげで緊張がほぐれました。これ以上のアクシデントはないだろうなと思ったから」

KENSHIN「あー、そうだね。お客さんもわーってノッてくれて、会場が一つになったしね」

これまでSBCは3人、EBiSSHは4人で活動してましたが、7人になったことで迫力が何倍にも増したように感じました。

KOHKI「7人だと振りでカノンを作れるんですよ。2人、2人、3人とかで振りにズレを作ることができる。それは7人だからこそできることですよね」

KENSHIN「3人だとさすがにステージを埋められないですけど、7人だと端から端まで広がれて、会場を大きく使ってファンの皆さんをアオることができた気がします」

最初は互いに"負けらんねーな"みたいな感じもあったりするんですか?

KOHKI「最初は3人のことをあまり知らなかったので、ちょっと遠慮もあった気がします。どうだった?」

KENSHIN「EBiSSHのメンバーは年齢が上とはいえ、同じ時期に事務所に入ったので、同期というかライバル的なところはあったかもしれないです。でも、僕らはダンスを含めて見せ方にずっとこだわってきて、それはEBiSSHだけでなく、どこにも負けないようにしたいと思っていました」

KOHKI「SBCはダンスが上手いので、そういう意味では3人に引っ張ってもらってるところはあると思います。ここで得たものをEBiSSHにもいい影響として持って帰りたいなと思っています。最近は互いに性格が分かってきたので、ライバル的意識は全然ないですね」

内面が見えてきたということで、KOHKIくんにKENSHINくんのキャッチフレーズを考えてほしいのですが?

KOHKI「〇〇な〇〇みたいなことですよね? えーと、眼力で人を倒せる男!」

KENSHIN「眼力で!?」

KOHKI「倒せると思う。たぶん過去に倒してると思う!」

KENSHIN「(笑)」

KOHKI「僕もEBiSSHの中では眼力が強い方と言われてたんですけど、KENSHINを見て負けるなと思いました。目力半端ない!」

KENSHIN「僕ら、目力強い者同士じゃない?」

KOHKI「でもKENSHINは殺すまでいかなくとも、気絶はさせられるはず」

KENSHIN「あはははは(笑)」

では、KENSHINくんがKOHKIくんに付けるとしたら?

KENSHIN「えー、どうしよ、どうしよ。好きなところを上げてもいいですか?まず顔。かっこいい。あと2人とも背が高いので、ポジションがシンメトリーなんですね」

KOHKI「身長も同じぐらいだしね。何センチだっけ?」

KENSHIN「179cm。KOHKIくんは180cmだよね。だから、特別話し合ったことはないですけど、両端からチームを支えたいって2人とも思ってるんじゃないかな?と思っています。あと、KOHKIくんは頭の回転が早いんです。MCでも面白いことを言えるのですごいなって思います」

KOHKI「わ、うれしい!」

ついにONE N' ONLYの1stシングル「I'M SWAG」が発売ですね。2019年はこうなりたいなど"デビュー公約"を掲げていただけますか?

KOHKI「まずはワンエン(ONE N' ONLY)の曲だけでライブができるようになりたいです。それと同時に曲もバキバキな感じなので、体力も付けたいです」

KENSHIN「そうだね。それから、今はEBiDAN(恵比寿学園男子部)のファンの方が多いと思うんですけど、EBiDANを知らない方にもライブに来ていただけるようになりたいです。ワンエンの楽曲なら、ほかのアーティストさんに負けないと思うんですよ!」

KOHKI「すごい自信だね!」

KENSHIN「僕自身がワンエンの楽曲が好きだから、きっといろんな方に好きなってもらえると思うんです。それにもっと注目を浴びられる存在に成長したい。YouTubeでMVをアップするまで海外進出することはあまり考えていなかったんですけど、海外の方もたくさん見てくれているみたいなので、日本だけじゃなくてもいいのかな?と思って。言語を越えて...」

KOHKI「国境も越えよう!」

KENSHIN「そんなグループになりたいです!」

■CD発売情報
ONE N' ONLY デビューシングル「I'M SWAG」
2018年11月21日(水)、TYPE-A -Cの3タイプ発売

文=及川静 撮影=島本絵梨佳

ワンエン連載中!次回は12月3日(月)昼12時に「EIKU&TETTA&REI」を更新!こちらから↓↓

この記事の画像

放送情報

ONE N’ONLY~EBiSSH×SBC~Zepp Tour 2018
放送日時:2018年12月9日(日)20:30~
チャンネル:100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事