M!LK 板垣瑞生 「今のM!LKは付き合いたてのカップルみたいな感じなんです(笑)」

M!LK
M!LK

Photo By Asami Hoshino

7月6日に新木場 STUDIO COASTで開催された『ESP学園presents COLORS2019』。息の合った力強いパフォーマンスでオーディエンスを沸かせたM!LK。この日は、リリース直前の新曲「かすかに、君だった。」も披露! ステージを終えたばかりのメンバーにライブの感想を直撃。さらに、新体制となって約1年となる現在のM!LKに迫った。

――ステージを終えた直後ですが感想を聞かせてください!

吉田仁人(以下、仁人)「ジャンルの垣根をこえた様々なアーティストが集まったイベントだったので、アウェイなつもりで挑みましたが、コール&レスポンスが出来てホームのような感じでステージに立てました」

山中柔太朗(以下、柔太朗)「僕たちのメンバーカラーでもあるペンライトがすごく良く見えて心強かったです」

宮世琉弥(以下、琉弥)「他のアーティストのファンの方も、全身でリズムを刻んでくれていたのが見えました!」

佐野勇斗(以下、勇斗)「 M!LKを初めて見る方も多かったと思うんですけど、たくさんの人に歌が届いたことを実感できました」

――客席の後方で拝見しましたが、ライブ後に周囲から「M!LKかっこいい」の声があがっていたのが印象的でした。

板垣瑞生(以下、瑞生)「本当ですか!? 初めて見ていただく方たちに、そう言ってもらえるのはすごく嬉しいです!」

Photo By Asami Hoshino

――ライブでは、7月17日にリリースされた新曲「かすかに、君だった。」もいち早く披露されましたが、儚さの中にも力強さを感じる楽曲ですね。

曽野舜太(以下、舜太)「今回のステージはみんなで盛り上がれるように、アップテンポな曲をメインにしたんですけど、新曲だけはミディアム調の曲なので、歌詞を伝えることを意識して歌いました」

塩﨑太智(以下、太智)「M!LK特有のわちゃわちゃした曲があれば、ダンスに重点をおいた曲、『かすかに、君だった。』みたいに歌を伝える曲と、色々なM!LKの姿を見てもらえたんじゃないかなと思います」

Photo By Asami Hoshino

――M!LKとしては新体制になって約1年が経ちますが、この1年の変化を教えてください。

仁人「グループとしての結束が固まりました。新しいメンバーが3人入ったことで、新たに作り上げていくことが多かったぶん、"1年で仲間としてこんなに強くなれるんだ"と感じています」

勇斗「とくにライブ終わりに、"もっとこうしよう"っていう話をすることが多くて、コミュニケーションが増えたことが結束に繋がっているんだと思います」

太智「そのおかげで、自然とみんなの意識も高くなっていますね。ライブにしても、自分たちからセットリストや演出に希望を出すようになったし、"もっとM!LKのライブを良くしたい"という気持ちが1人1人に芽生えてきています」

瑞生「どの時代のM!LKも大切だから表現が難しいんですけど、今のM!LKは付き合いたてのカップルみたいな感じなんです(笑)。最初の頃は、全てが新鮮だし関係性が深まっていくのも楽しいじゃないですか!」

――確かに。しかも今の結束力があれば、いつかくる倦怠期も乗り越えていけそうですね!

瑞生「はい、まぁ......」

勇斗「そこは、自信を持ってよ!」

――せっかくステキな表現だったのに......(笑)。

瑞生「ステキでした!?(←満足げ)じゃあ、倦怠期も大丈夫です!」

Photo By Asami Hoshino

――では、個人的な変化も教えてもらえますか?

柔太朗「僕個人の変化でいうと、M!LKに入ったばかりの頃は、自分のキャラクターを見つけるのが大変でした。メンバーと一緒に色々なことを経験するなかで、自分の立ち位置というか、自分を表現することが出来るようになってきたのが一番の変化だと思います」

勇斗「新しい環境の中で、新メンバー(舜太・琉弥・柔太朗)が、一回り強くなっていったのは近くにいても感じました」

琉弥「今回のイベントにしても、僕たちはフェスに出演するのが初めてで、先輩たちの姿をみて"こうすればいいんだ"って思えたり、経験して覚えることは多いです。背中をみて学びつつ、僕たちが入ったことでフレッシュさも感じていただけるように頑張ります!」

舜太「僕の個人的な変化は......学校の購買に行くと、女の子にキャーキャー言われるようになりました!」

一同 (爆笑)

――その時、舜太さんはどんな対応をするんですか?

柔太朗「どうしてるの!?」

舜太「ポーカーフェイスで(笑)」

太智「絶対無理でしょ。ニヤけてるでしょ?」

舜太「だいたい友だちと買いに行くんですけど、そんな空気になった瞬間、意味もなく『でさぁ』って友だちに話しかけたりして(笑)。聞こえているけど、照れくさくてつい聞こえないふりをしちゃいますね。あとは、ちょっとパンを多めに買う」

一同「えぇーー!!」

瑞生「後輩とかにおごってあげるの?」

舜太「いや、とくに後輩との交流はなくて。でも、そのほうがかっこいいかなって」

仁人「どんな見栄の張り方!?(笑)」

――ステキなエピソードをありがとうございます(笑)。では次の質問なんですが、今年の夏にしたいことは?

瑞生「花火がしたくて、昨日手持ち用の花火を3袋買いました。しかも煙が出にくいのを選んだから近所迷惑にもならないんですけど、一番大事な花火をする予定がありません(笑)」

太智「あんまり置いておくと湿気るよ」

(困惑)えっ、どうしよう」

太智「僕はバーベキューです。最近、『バーベキューをした』っていう話をしたら、山中(柔太朗)くんが『ウチでも出来るよ』って言い出して。炭とかも揃っているらしいので、大学の友だちを連れて遊びに行きたい」

柔太朗「ちょっと待って、大学の友だちと来ちゃうの(笑)?」

太智「じゃあ、メンバーも呼ぼう!」

仁人「それ大学の友だちがメインなんでしょ? ちょっと気まずいから僕は大丈夫(笑)」

――あれ、分裂が(笑)。他のメンバーはどうですか?

勇斗「僕はスカイダイビング!」

琉弥「きゅうり漬けを食べたい!」

舜太「流し素麺がしたい!」

柔太朗「海に行きたい!」

仁人「避暑地に行きたいです」

――そこは、見事に全員がバラバラなんですね(笑)。

仁人「でも、グループとしてのM!LKの結束は固まっているので大丈夫です(笑)。それぞれに、夏を楽しみつつ9月からはツアー『M!LK SUMMER TOUR 2019』も始まるので、その準備もしていきたいと思っているので、ぜひ遊びに来てください!」

文=原千夏

この記事の画像

放送情報

ESP学園presents COLORS2019
放送日時:2019年8月8日(木)23:00~
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事