デビューから50年!オフコースの歩みと伝説の武道館コンサート

「さよなら」「愛を止めないで」「Yes-No」「時に愛は」「言葉にできない」「YES-YES-YES」など、多くの名曲を生み出したオフコース。日本の音楽シーンに多大な影響を与えたオフコースは、高校在学中に同級生だった小田和正と鈴木康博らで結成したグループが母体となり、大学4年の1969年に第3回「ヤマハ・ライトミュージック・コンテスト」全国大会で2位を獲得。それをきっかけに1970年4月にシングル「群衆の中で/陽はまた昇る」でデビューした。そして2020年、デビューから50年という記念すべき年を迎えた。

■良質な楽曲を世に送り出し、人気を獲得

美しいメロディーとハーモニーが印象的な良質な楽曲をデビュー当時から作っていたが、最初から順調なわけではなかった。メンバーチェンジを幾度か繰り返し、小田と鈴木の2人編成となったのが1972年5月。翌1973年6月にようやく1stアルバム『オフ・コース1/僕の贈りもの』をリリースした。

1974年5月に発売した2ndアルバム『この道をゆけば/オフ・コース・ラウンド2』では、1stからのアコースティックサウンドは継承しつつも、エレキギターの音を積極的に取り入れ、ホーンやストリングスなど、サウンドの幅を広げた。1975年12月リリースの3rdアルバム『ワインの匂い』は、シングルとして同時発売された「眠れぬ夜」を含め、楽曲のクオリティがさらに向上し、初期オフコースの傑作と言われている。ちなみに、「眠れぬ夜」は1980年に西城秀樹がカバーしてシングルとしてリリースしている。

1976年はオフコースにとって大きな変化の年となった。後にメンバーとなる大間ジロー(ドラム)がシングル「ひとりで生きてゆければ/あいつの残したものは」からレコーディングに参加。続くシングル「めぐる季節/ランナウェイ」からは松尾一彦(ギター)も参加。清水仁(ベース)もライブのサポートとして参加し始めたのもこの年だった。清水、大間、松尾が正式メンバーとして加わるのは1979年だが、すでにこの頃から5人体制のオフコースはスタートしていたことになる。

メンバーが増え、サウンドの幅も広がったオフコース。新体制始動直後の10月にリリースしたアルバムは、『Three and Two』というタイトルを付け、ジャケットの表面に清水、大間、松尾の写真を使い、オリジナルメンバーの小田と鈴木は裏面という大胆な発想のアートワークでファンを驚かせた。メンバーによる初のセルフプロデュース作品となった本作は、「愛を止めないで」の大ヒットも相まって、グループを音楽シーンのトップへと押し上げた。

それ以降、「さよなら」「生まれ来る子供たちのために」「Yes-No」「時に愛は」「I LOVE YOU」「言葉にできない」「YES-YES-YES」など、ヒット曲を連発。まさに人気、実力共に押しも押されもせぬ存在となり、1989年2月の東京ドーム公演で解散するまでオフコースは走り続けた。

1982年日本武道館公演を行ったオフコース

(C)ユニバーサル ミュージック

■1982年6月に行われた日本武道館公演

オフコースにはたくさんのターニングポイントがあるが、ファンの中で特に印象に残っているのは1982年6月の日本武道館公演だろう。その日本武道館10日間公演最終日「オフコース1982・6・30 武道館コンサート」が6月28日(日)に歌謡ポップスチャンネルにて放送される。

日本のコンサート史上初となる日本武道館10日間公演、チケットの抽選ハガキの応募数はなんと50万通を超えていたという。この公演はアルバム『over』を引っ提げて1月からスタートした全国ツアーを締めくくるものとして行われた。直近の2枚のアルバムタイトルを繋ぐと"We are over"となることから解散を発表するのではないかという噂もあった。

緊張感のある中で迎えた最終日、1982年6月30日。満員のオーディエンスの期待に応えるように熱いパフォーマンスを見せてくれた。中盤、「言葉にできない」で小田は涙を流し、言葉を詰まらせ、1番の歌詞をほとんど歌うことができなかった。その様子を見たファンからは大きな悲鳴が上がる。2番は涙をこらえ、最後は力強く歌い切った。

そして、全ての演奏が終わった後、客出しのBGMとして会場に「YES-YES-YES」が流れると観客全員が大合唱。この予期せぬエンディングからも、オフコースにとって、オフコースファンにとって、この公演がどれだけ大切なものだったのかが伺える。

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

オフコース コレクション
放送日時:2020年6月1日(月)21:30~
オフコース1982・6・30 武道館 コンサート
放送日時:2020年6月28日(日)20:15~
チャンネル:歌謡ポップスチャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!