望海風斗がドラマティックコンサート「Hello,」で見せたクールで華やかなパフォーマンス

望海風斗ドラマティックコンサート「Hello,」(衛星劇場)
望海風斗ドラマティックコンサート「Hello,」(衛星劇場)

2023年、ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」や「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」などに出演し、圧倒的な表現力で第30回読売演劇大賞優秀女優賞、第48回菊田一夫演劇賞など数々の演劇賞を総なめにした望海風斗。宝塚歌劇団雪組時代から、歌唱力に定評のあった彼女によるドラマティックコンサートの第2弾「Hello,」が、2024年3月から東京・福岡・愛知・大阪の4都市にて開催された。

コンサートの舞台に登場する望海風斗
コンサートの舞台に登場する望海風斗

夜のとばりを思わせるブルーのライトに照らされたステージに、肩と背中が露出した桜色のシフォンブラウスにホワイトのスリムパンツ&ロングブーツという、宝塚の男役時代では決して見ることのできないグラマラスな衣装で望海が登場。満面の笑みを浮かべながらコンサートのタイトルでもある「Hello,」と客席にあいさつをしてから、笑顔で平井堅のハッピーチューン「POP STAR」をダンサーと共に元気いっぱいにパフォーマンスした。続けて披露した松任谷由実の「真夏の夜の夢」では、間奏で「皆さんの五感をすべて解放し、楽しんでもらえるショーをお届けします!」とメッセージを送ると、その言葉に呼応するように色とりどりのペンライトが会場で揺れる。アン・ルイスの「あゝ無情」ではセクシーに、美空ひばりの「お祭りマンボ」ではドラマチック&パワフルな歌声を響かせた。

この日最初のMCでは、2024年の春は、宝塚歌劇団を卒業して4年目、そして初舞台を踏んでから21年目であることを告げた望海。「21年目を踏む前に、ちょっと懐かしい自分との再会をしてみたいなと思います」と言い残して、一度ステージを後にするが、しばらくして沢田研二の名曲「勝手にしやがれ」の印象的なイントロが流れると、客席に白いハットとティアドロップサングラス、真紅のジャケットを羽織った背中を向けたままで、宝塚男役時代を思わせる低音の美声を響かせ、観客を魅了する。歌詞に合わせ、バーボンの小瓶を手にするなど、ミュージカル的ステージングで楽曲を盛り上げるのは、宝塚時代にも歌った「愛は枯れない(「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」より)」でも同様。ステージ上に置かれた赤いバラを胸に挿しての熱唱や、ハットをスタンドマイクに掛けて姿を消すといったドラマチックな演出に会場が酔いしれた。

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

望海風斗ドラマティックコンサート「Hello,」
放送日時:6月30日(日)14:45~
放送チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物