「ディセンダント2」で注目!歌って踊る話題の英国俳優トーマス・ドハーティにドキドキが止まらない!

トーマス・ドハーティ
トーマス・ドハーティ

ディズニー映画に登場するヴィランズ(悪役)の子どもたちに焦点をあてたディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント」(2015年)。同作は全米で人気を集め、2017年に「ディセンダント2」、2019年の夏頃には「ディセンダント3」の公開が控えている。その「ディセンダント2」から登場のキャラクター、フック船長の息子・ハリー役を射止めたのは、当時ほぼ無名だった英国人俳優トーマス・ドハーティ。共演したダヴ・キャメロンとは実生活で交際に発展し、ドハーティのインスタグラムにも度々ふたりのラブラブな写真が登場するなど話題になっている。

ドハーティはスコットランド・エジンバラ出身の23歳。高校卒業後にアカデミーで演技や歌、ヒップホップ、ジャズ、タップ、バレエなどさまざまなダンスの訓練を受けたようだ。その後、レストランでウェイターの仕事をしながらモデル活動をしていた時に、ディズニー・チャンネルのミュージカルドラマ「ザ・ロッジ」のオーディションに挑戦。見事主人公の少女スカイ(ソフィー・シムネット)に想いを寄せる青年ショーン役を勝ち取った。

「ザ・ロッジ」

(C) Disney

ドハーティ初のメインキャストとなった「ザ・ロッジ」は、15歳の少女スカイの亡き母が育った田舎町のホテル、ノーススター・ロッジが舞台。スカイが経営難のロッジ再建に奮闘する様子や、彼女を取り巻く恋や友情を描く。ドハーティ扮するショーンは、マウンテンバイクが大好きで、恋人ダニエルがいながらも素直で明るいスカイに惹かれてしまうお金持ちの息子。ロッジで働くベン(ルーク・ニュートン)もスカイが気になっており、3人の恋の行方に注目が集まる。また、ショーンの父親はノーススター・ロッジの買収を狙う土地開発業者であり、そのことがスカイとの関係にどう影響を与えるかも気になるところだ。

「ザ・ロッジ」

(C) Disney

ミュージカルドラマである同作は、毎話登場するメインキャストたちの歌とダンスも見どころ。セットの中でポップに、時にパワフルに繰り広げられるパフォーマンスはエンターテイメント性に優れ、よりストーリーに引き込まれる要因になっている。特にダンスを学んだ経験があるドハーティのダンスは力強く、キレがある。歌唱力も申し分なく、スカイ役のシムネットのみずみずしい声とも相性抜群だ。そして何より、楽しそうに歌って踊るドハーティの笑顔から目が離せないのである。

「ザ・ロッジ」

(C) Disney

ストーリーの後半では、ドハーティの恋人ダヴ・キャメロンもゲスト出演し、ふたりで息の合ったダンスを披露する。すでに放送のあった現地で、それを見たファンの間では「顔を見合わせて微笑むところは素の表情だ!」と話題にも。日本でそのシーンが見られるのは少し先のことになるが、それまで順を追ってゆっくりと「ザ・ロッジ」を楽しみたい。

(C) Disney

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

ザ・ロッジ
放送日時:2019年1月14日(月)21:30~
※毎週(月)21:30~
チャンネル:ディズニー・チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事