"天使の笑顔"パク・ボゴムの癒しの場所とは? |シムクン♥韓流

シムクン❤韓流にパク・ボゴムさんが再び登場!話題のドラマ「ボーイフレンド(原題)」の裏話などお聞きしました!

――ドラマ「ボーイフレンド(原題)」で2年ぶりにドラマ出演いたしました。自分よりも地位も年齢も高いヒロイン・スヒョンと恋に落ちる青年ジニョクを演じています。劇中、お二人がデートをした通称"弘済洞美術館"が話題となりました。

「すごく素敵な場所ですよね。僕も普段通りすがることはあっても、じっくりと絵を見たことはなかったんです。ゆっくりと絵を鑑賞できますし、運動もできる場所なのでデートにオススメです。暖かくなったら、ぜひ行っていただきたいですね。」

――ジニョクは何かあると、家の近くの公園で思いにふけていました。ボゴムさんにとって、"癒しの場所"はどこですか?

「(日本語で)ウチ!ウチです。やはり、家族と一緒に住んでいる家が僕にとっては一番ほっとできますね。玄関を入った瞬間から、心が温かくなります。」

――ドラマには、美しいセリフや説得力のあるセリフ、共感型のセリフが織り込まれていていました。

「そうですね。とても感性溢れるセリフが多かったですよね。日本の方々も、きっとこの作品を好きになってくれると思います。」

――特に印象的だったセリフは?

「ナム室長(コ・チャンソク扮)のセリフに『どんなにお金を持っていても、歳月はあっという間に過ぎていく。時間の流れは早いのだから、二人は(時間を大切にして)もっと幸せな人生を送ってほしい』とありました。僕の心を温かくしてくださいましたし、多くの人たちに伝えたいメッセージでもありました。」

――ジニョクはスヒョンに「あなたにとって意味のある人になりたい」と告白します。日本ではこのような告白はしないのですが.......。

「そうですか?では、どんな告白をしますか?(笑)」

――「好きです」とか「つきあってください」とか、ありきたりな言葉が多い気がします。

「なるほど。この告白は、すごくジニョクらしい言葉だと思いました。僕も新鮮に感じましたし、素敵な告白だと思いましたね。」

――今後、使ってみたい気持ちは?

「意味のある人......。たぶん......ジニョクだから通用する告白じゃないかと思います(笑)」

――ジニョクのお父さんの教えである「体で稼いだ金は尊い」も、胸にぐっとくるセリフでした。ボゴムさんがお父様からの教えの中で今でも覚えているもの、今でも守っているものはありますか?

「『謙遜しろ』という言葉です。それは常に忘れないようにしようとしています。」

――常に「謙遜する」のは、難しい気もします。

「そうですね。少し努力が必要な気もします。初心を忘れないようにいつも祈りを捧げるんです。こうも思います。自分が今している仕事に対して幸福と感謝を感じれば、『謙遜』する気持ちを忘れないのではないでしょうか?」

――スヒョンとジニョクの恋愛とは?

「互いの足りない部分を補い、互いの話を聞いてあげる、そんな恋愛だったと思います。」

――二人の恋模様の中でお気に入りのシーンを教えてください。

「ビデオ通話をする場面です。違う場所で、違う時間に撮影をしたのですが、編集の方がとてもいい感じに編集してくださったおかげで、素敵なシーンになりました。スヒョンとジニョクが現実によくいるカップルのような恋愛をしているのを感じられるシーンだったと思いますし、僕も見ていて胸がきゅんとしました。また、会社のロビーでスヒョンに向かって『ラーメン食べに行きましょう』と勇気を出して言うシーンもかっこよかったと思います。『僕のこの感情がなんなのかよくわからないけど、あなたを寂しくはさせません。これが僕の気持ちです』と続くのですが、その言葉がジニョクという人物を表現していると思いました。」

――本当にカッコいいシーンでした!撮影ではNGは出しませんでしたか?

「1回でOKをもらった気がします。重要なシーンでは集中をしようと努力をする方です。でも『絶対にうまくやりたい』という気持ちが大きすぎて、逆に頭が真っ白になってしまうこともありますが。」

――今作で初めて「内勤の会社員」を演じましたが、「会社員役」はいかがでしたか。

「(日本語で)おもしろかったです。デスクワークという仕事自体がとても楽しかったですね。演技活動をする中で、デスクに座っている演技。もちろん、キャラクターによって違いますが。ホテルのフロントでお客さんのチェックイン・チェックアウトをするのも面白かったですね。機会があればまたやりたいです。」

――ボゴムさんは普段ホテルでどんな風に過ごしていますか?

「みなさん同じようなものだと思うのですが......。映画を観たりもするし、ジムがあれば運動をしにも行きます。日本でも行きました。」

――体を鍛えているのですか?

「鍛えているというより、健康のためにしています。汗をかくのが気持ちいいですし。」

――最後に。ドラマの見どころを教えてください。

「物語はキューバでのスヒョンとジニョクとの運命的な出会いをきっかけに始まります。韓国のドラマでキューバロケをしたのは初めてだと聞いています。キューバの美しい風景や情緒が映っているので、楽しんでいただけると思います。また、ジニョクとスヒョンは出会ったことにより、二人に初めての恋、痛み、試練がおとずれます。それらを通じて成長していく二人の姿も見どころだと思います。」

取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。
2016年4月からは、BSスカパー!(BS241)で放送中の『韓流ザップ』で「天の声」を担当。

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは

「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「popstyle(ポップスタイル)」紙面にて始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。

「シムクン」とは、韓国語で「胸キュン」を意味する流行語です。
次世代の韓流スターの素顔に迫ったインタビューと写真、プレゼント企画など「シムクン」な内容盛りだくさんです。「シムクン♥韓流 powered by スカパー!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求め下さい。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。

http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

当サイトでは「シムクン♥韓流powered by スカパー!」と連動し、記事内では伝え切れなかったエピソードなどを読むことができます。ぜひ、「シムクン♥韓流powered by スカパー!」とあわせてお楽しみください。

シムクン韓流コラム一覧はこちら

この記事の画像

放送情報

(C)STUDIO DRAGON CORPORATION


「ボーイフレンド(原題)」
ソン・ヘギョ&パク・ボゴム豪華共演!
ビッグカップルで描く美しくて儚い正統派ラブロマンス!
ひと時も自分の人生を生きられなかった政治家の娘チャ・スヒョンと、自由で清らかな心を持つ青年キム・ジニョクの運命的な出会いを描いた物語。

【あらすじ】
政治家の娘として息の詰まるような生活を送っているチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)は、ドンファホテルの代表を務めている。テギョングループ代表チョン・ウソク(チャン・スンジョ)との離婚後も元姑の誕生日会に出席しなければならなかったり、ゆっくりと食事をする暇もない窮屈な時間を過ごしていた。一方、就活生のキム・ジニョク(パク・ボゴム)はスヒョンとは対照的に自由で平凡な日々を送っていた。
そんなある日、卒業前の貧乏旅行でキューバに来ていたジニョクはスヒョンと運命的な出会いをする。美しい夕日を見ながら楽しい時間を過ごした二人。その後、ジニョクはスヒョンが社長を務めるドンファホテルへの就職が決まり、二人は新入歓迎会の場で驚きの再会を果たす…。

出演:ソン・ヘギョ、パク・ボゴム、チャン・スンジョ、P.O(Block B)、クァク・ソニョン ほか
演出:パク・シヌ
脚本:ユ・ヨンア

放送情報:2019年3月3日(日)後4:30~1話先行放送
※3月21日(木)より毎週(木)後10:00~、レギュラー放送スタート
チャンネル名:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。



チャンネル・料金情報はこちら


このチャンネルみるなら韓流セットがお得!

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事