女装もコントもこなすアイドル・MONSTA Xが、抜群のバラエティセンスを発揮!

サバイバルオーディション番組「NO.MERCY」で熾烈なバトルを勝ち抜き結成された7人組ボーイズグループMONSTA X。2015年5月に1stシングル「Trespass」でメジャーデビューを果たし、情熱的で力強いパフォーマンスや表現力に富んだボーカル、強烈なラップで韓国のみならずアジアやアメリカでも活躍している。4月27日には神奈川・パシフィコ横浜を皮切りに日本6都市を巡る「MONSTA X, 2019 JAPAN FAN CONCERT 【PICNIC】」を開催。6月12日(水)にリリースされる日本6thシングル「Alligator -Japanese ver.-」を初披露するなど話題となった。

メンバーは、たくましい筋肉が魅力的でMONSTA Xをまとめる最年長ショヌ、人懐っこくてスキンシップが大好きなムードメーカー・ミニョク、歌唱力抜群のメインボーカル・キヒョン、モデル出身でマイペースなヒョンウォン、ラップ担当のジュホン、クールで時に重低音ラップを繰り出すI.M、パフォーマンス中に自慢の腹筋をチラリと見せてくれるリードダンサー・ウォノの7人。オーディション番組出身ということで、全員優れたパフォーマンス力を持っていることは確かなのだが、彼らの魅力はそれだけではないのだ。

「ショー!オーディオジョッキー」

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

単独で挑戦したリアルバラエティ番組「MONSTA X-RAY」では全員緑色のジャージ姿で登場。嫁役と姑役に分かれ物語形式でキムチ漬け体験をしたり、保育園の先生になって子どもの面倒を見たりと、体を張った内容で人気を得た。番組ではたびたび女装姿でコントを繰り広げるなど、メンバー同士の仲の良さ、アイドルとは思えないお笑いスキルも露わに。彼らのバラエティセンスは海をも越え、アメリカほか世界約200カ国で放送中のシュールなコメディ・アニメ「ぼくらベアベアーズ」に声優として登場するなど、マルチな才能を見せつけている。

そんなユーモアたっぷりのMONSTA Xメンバーからウォノ、キヒョン、ミニョク、ジュホンが、レギュラー番組「ショー!オーディオジョッキー」でラジオパーソナリティとしてデビューすることになった。6月18日(火)からMnetで日本初放送される同番組は、ただのラジオ番組ではなく、オーディオジョッキーに変身した彼らが、韓国全土を移動するオープンスタジオで、公開ライブオーディオ放送をするというもの。メンバー4人は「MONSTA Xのモンスタイル」というコーナーを担当し、現地の特産物を使ったクッキングタイムや名物料理のモクバン(食べる放送)、地元の観客とのクイズショーなど様々なコーナーに挑戦する。

「ショー!オーディオジョッキー」

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

制作発表会でミニョクは「僕たちはリスナーとのコミュニケーションに重点を置きました。参加してくださった方々に感謝したい」と挨拶。今までのバラエティでメンバー同士の仲の良さは十分伝わってきたが、今回はリスナーも一緒になって作り上げる。彼らとリスナーが果たしてどんな化学変化を見せていくのか、その行方を見守りたい。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

ショー!オーディオジョッキー
放送日時:2019年6月18日(火)20:30~
※毎週(火)20:30~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!