MONSTA Xが世界で人気のアニメに本人キャラクターとして登場

TM & (c) 2020 Cartoon Network

韓国出身の人気グループMONSTA Xが、カートゥーン ネットワークのオリジナルアニメシリーズ『ぼくらベアベアーズ』の特別エピソード「パンダの誕生日/(原題)Panda's Birthday」に登場。アメリカで制作された本作が、7月5日(日)に日本初放送されることが決定した。

『ぼくらベアベアーズ』は、グリズ、パンダ、アイスベアの3人のベアーたちが、人間社会に溶け込もうと葛藤する様子をユーモアたっぷりに描くストーリーで幅広い世代で話題となっている作品だ。

MONSTA Xは、サバイバルオーディション番組「NO.MERCY」より輩出され、2015年5月に「TRESPASS」で韓国デビュー。メンバーは、ショヌ(SHOWNU)、キヒョン(KIHYUN)、ヒョンウォン(HYUNGWON)、ジュホン(JOOHONEY)、アイエム(I.M)で、現在世界的に活躍する男性グループ。

「パンダの誕生日/(原題)Panda's Birthday」のエピソードでは、MONSTA Xが本人役でアニメに登場。彼らに夢中のパンダの誕生日に、グリズとアイスベアが本人達に会わせてあげようとして騒動を巻き起こすストーリーになっている。

TM & (c) 2020 Cartoon Network

放送に先駆け、MONSTA Xのアフレコの様子とメッセージ動画がカートゥーン ネットワーク公式YouTube(https://youtu.be/pCqn5oWzRkM)で公開。リラックスした様子でアフレコ現場に入るMONSTA Xのメンバー。横一列に並びマイクに向かい、アフレコを進める。メンバーのタイミングをあわせて発声するシーンも見られる。

アフレコ後のインタビューでは、どういったところが『ぼくらベアベアーズ』の魅力と聞かれ、ショヌは「話が面白いし、かわいいところかな。僕は『ぼくらベアベアーズ』のパズルゲームをよくするので、自然と好きになった」と答えた。

アニメに登場するクマが誰に似ているかという質問には、キヒョンがショヌを「アイスベア」に似ていると提案。物静かで、僕たちを守ってくれて頼りになるから、と理由を明かす。ミニョクも、「アイスベア」もショヌもグループの中で最も背が高いところが一致しているところも一緒だと付け加えた。

ヒョンウォンはアフレコの感想を聞かれて、「メンバーをみんな上手だった、才能がある!」と称賛した一方、自分の評価は10点中2点かも?と自分には厳しい評価...。最後にメンバーからは、またアニメの吹き替えをやってみたいと前向きな発言が聞かれた。

TM & (c) 2020 Cartoon Network

2019年にアメリカで放送された英語版では、アニメで登場するMONSTA Xの吹替えをメンバー本人が務めたことも大きな話題となり、今回カートゥーン ネットワーク(日本)の放送では、副音声で英語版が視聴可能だ。MONSTA Xが声優を務めた原版をぜひお楽しみいただきたい。

この記事の画像

放送情報

ぼくらベアベアーズ「パンダの誕生日/(原題)Panda‘s Birthday」

放送日時:2020年7月5日(日)10:00~

チャンネル:海外アニメ!カートゥーン ネットワーク

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

MONSTA Xのスカパー!出演情報は公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!