オトナの女性を夢中にさせた!?"純愛"だけではないペ・ヨンジュンの大胆さ

3年連続でNHK紅白歌合戦への出演が決定したK-POPガールズグループ・TWICEを筆頭に、幅広い年代層に人気が波及している昨今のK-POPブーム。今や食文化やメイク、ファッションにまで及ぶこの"韓流"人気はまだまだ続きそうだ。

そのきっかけは2003年に日本で初放送された純愛ドラマ「冬のソナタ」であり、主演のペ・ヨンジュンの存在がブームの火付け役だったことは言わずもがな。なぜヨンジュンが長きにわたって愛されているのか?それは彼の出演してきた作品を見るとよく分かる。

「History of ペ・ヨンジュン シーズン2」

(C)Stream Media Corporation/KEYEAST

例えば、「冬のソナタ」がNHK総合で放送を開始した直後の2004年、まさに"ヨン様フィーバー"が吹き荒れていた真っただ中に公開された映画『スキャンダル』(2004年)。純愛を貫く「冬ソナ」での誠実な"微笑みの貴公子"から一転、色事に長けたプレイボーイを演じた本作でのギャップは相当なもの。これが映画初主演となるヨンジュンは、数多くの映画オファーの中から、パブリックイメージを覆すこの役柄をあえて選んだというから、プロデュース力は当時から優れていた...といえるかもしれない。

公開当時はヨンジュンの濃密なラブシーンが注目を集めたが、脚色・演出・演技・衣装・美術、いずれも第一級であるという作品的価値が高く評価され、2018年にはデジタルリマスター版が日本で再公開された。製作から15年が経っても、ファンの記憶に刻まれた魅力が色褪せることのない作品など、ひと握りしかいないだろう。

「History of ペ・ヨンジュン シーズン3」
「History of ペ・ヨンジュン シーズン3」

その後に主演したのが、人気女優ソン・イェジンと共演した映画『四月の雪』(2005年)だ。互いの配偶者が不倫旅行中に事故を起こし、病院に駆けつけたインス(ヨンジュン)とソヨン(イェジン)。彼らは、裏切られたことに苦悩しつつも、同じ悲しみを共有するうちに惹かれ合っていく...というショッキングな内容だった。

人気絶頂期に"W不倫"というタブーのテーマに挑み、激しいラブシーンまでこなしたヨンジュン。日本でも映画ファンに広く支持されている『八月のクリスマス』『春の日は過ぎゆく』のホ・ジノ監督がメガホンを取った作品ということもあり、映画でしか表現できない叙情的な世界観も相まって、当時はアジア7ヶ国で同時公開され日本でも大ヒットを記録。劇中で描かれたインスの"愛に苦悩する誠実さ"や"知的で品のある人柄"に感情移入し、憧れる女性が続出したのだ。

「冬ソナ」で描かれた"純愛"とはかけ離れた"W不倫"というテーマながら、それぞれの作品の根底にある、誠実なヨンジュンの人柄が垣間見え、ファンたちはより一層彼に夢中になったのかもしれない。

「History of ペ・ヨンジュン シーズン2」

(C)Stream Media Corporation/KEYEAST

そんな『四月の雪』の裏側を秘蔵映像で綴る「History of ペ・ヨンジュン シーズン2」が、DATVにて12月21日(土)から放送される。世の女性が虜となったインスというキャラクターが作り上げられていく過程や、セリフのないシーンで心情を伝えるために仕草や表情を模索するヨンジュンの姿など貴重な映像が満載となっている。

2020年1月11(土)には同番組のシーズン3として、ヨンジュンが執筆した書籍「韓国の美をたどる旅」のメイキング映像を放送予定。長年、愛され続けているヨンジュンの素顔をぜひ番組を通じて再発見してほしい。

「History of ペ・ヨンジュン シーズン3」

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

History of ペ・ヨンジュン シーズン2
放送日時:2019年12月21日(土)19:30~
※毎週(土)(日)19:30~
チャンネル:DATV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!