BTSの世界的成功で新展開へ!K-POPシーンの勢いを裏付ける今年の「MAMA」最新情報まとめ

BTS(「MAMAベストパフォーマンス BTS 2014-2020」より)
BTS(「MAMAベストパフォーマンス BTS 2014-2020」より)

「グラミー賞」「ビルボード ・ミュージック・アワード」と並びアメリカの3大音楽賞に数えられる「アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)」で、アジアの歌手として初となる最高賞「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を含む、最多3冠に輝いたBTS。世界的成功を収めた彼らに象徴されるように、K-POPの注目度は日に日に増す一方だが、それ裏付けるイベントが、"MAMA(ママ)"こと「Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」だ。

韓国だけにとどまらず、アジア圏、さらには世界中からも熱い視線を集めているアジア最大級の規模を誇るこの音楽賞が今年も12月11日(土)に開催され、その模様がMnetにて生中継される。

■有観客として戻ってくる!今年の「MAMA」ならではのポイント

例年、アジアの様々な地域で催されているMAMAだが、昨年はコロナパンデミックの影響により、史上初めて無観客というスタイルをとった。今年は有観客にてソウルで開催することが発表されており、パク・チャヌクMAMA総括プロデューサーも「多くの観客は招待できないが、歌手と観客が出会うという点が今年の最大の変化だ」と語っており、安全面に考慮しながら実施される予定だ。

MAMAの大きな特徴の一つが、審査委員団による評価、音源売上数、ミュージックビデオの再生回数といった指標、加えてファンからの直接投票など総合的な審査によって選定されるアワードということ。それゆえにトレンドが大きく反映されており、K-POP界の勢いをダイレクトに感じることができる。なお、今年からは専門家や様々な指標による審査とファンからの投票を部門別で行うことが決定しており、大衆性と作品性、そして芸術性がより公平に評価されることとなった。

開催が迫るアジア最大級の音楽賞「2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」
開催が迫るアジア最大級の音楽賞「2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

■ビッグサプライス!BTSの盟友エド・シーランら、豪華すぎる出演アーティストが発表

K-POP界を賑わした豪華なアーティストたちによるパフォーマンスがMAMA最大の見どころで、これまでも数々のアーティストが印象的なステージを披露してきた。

デビューした翌年の2014年より連続出演しているBTSのステージは、12月31日(金)に「MAMAベストパフォーマンス BTS 2014-2020」としてオンエアされるが、昨年、肩の怪我によって出演できなかったSUGA(シュガ)を最先端のボリュメトリック技術で登場させ、7人で「Life Gose On」をパフォーマンスしたことも記憶に新しい。

今年は、ビルボードHOT100(米シングルチャート)で通算10回もの首位に輝き、今年のAMAの「フェイバリットポップソング」の栄冠を勝ち取った「Butter」をはじめ、「Permission to Dance」、Coldplayとのコラボ曲「My Universe」など、アイコニックな楽曲を次々と放ってきたBTS。現在のK-POPシーンを牽引する存在だけに、彼らが3年連続で主要4冠に輝くのか?また、今年もMAMAでのステージが実現するかが、今年最大の注目ポイントと言えそうだ。

一方、そんなBTSに「Permission to Dance」で楽曲提供をするなど、K-POPとの接点もあるエド・シーランの出演こそ、MAMA史上最大の事件とも言えるビッグトピックだ。4年ぶりの新譜『=(Equals)』をリリースしたシーラン。その中でも「Bad Habits」は韓国でも大きく愛されたポップソングの一つであり、MAMAではこの楽曲を特別バージョンで披露するという。

また、BTSの後輩グループであるTOMORROW X TOGETHER、ENHYPENに加え、世界的な躍進ぶりを見せるNCT127、NCT DREAM、Stray Kids、ITZYが出演を確定させているほか、"ガルプラ"こと「Girls Planet 999:少女祭典」を勝ち抜き、12月14日(火)にデビューを控えるKep1er、そして日本出身のINIやJO1といった次世代グループも、出演アーティストに名を連ねている。

「2021 MAMA」出演アーティスト
「2021 MAMA」出演アーティスト

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

■3年ぶりに復活!日本でも熱狂的なファンを生んだWanna Oneのステージが実現

そしてもう1つの目玉としてすでに発表されているのが、現在ソロとして活躍するカン・ダニエルやパク・ジフンなどを輩出した男性グループ・Wanna One(ワナワン)の約3年ぶりの再結成だ。「PRODUCE 101 シーズン2」から誕生し、2019年1月に活動を終了した彼らは、海外在住のライ・グァンリンを除いた10名でスペシャルステージを披露する。それぞれ個人で活動してきた彼らの成長が見られる、ファンにとってはまたとない機会だ。

また、カン・ダニエルがMCに初挑戦し、今年大きな話題になった"スウパ"ことサバイバルダンス番組「STREET WOMAN FIGHTER」の出演者によるパフォーマンスも決定。先日の「KCON:TACT HI 5」でも圧巻のステージを見せてくれただけに、MAMAでのステージングも期待したい。

TWICE(「MAMAベストパフォーマンス TWICE 2016-2020」より)
TWICE(「MAMAベストパフォーマンス TWICE 2016-2020」より)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

今年話題を集めたアーティストといえば、日本でも絶大な人気を集めているTWICEもその1組。3枚目のフルアルバム『Formula of Love: O+T=<3』を11月にリリース、ビルボード200(米アルバムチャート)で自身最高位となる3位に入り、「The Feels」もHot 100に初めてランクインするなど世界的な人気を証明してみせた。MAMAでは「女性グループ賞」など複数の部門でノミネートされており、デビューからわずか44日で女性新人賞を獲得した2015年以降、毎年賞を受賞してきたTWICEに今年も期待が集まる。

そんなTWICEの過去のステージをまとめた「MAMAベストパフォーマンス TWICE 2016-2020」も12月31日(金)に放送。また、昨年3冠を達成し、今年も「男性グループ賞」などにノミネートされているSEVENTEENの華やかかつパワフルなパフォーマンスの模様なども、「MAMA ベストパフォーマンス」として12月27日(月)にオンエアされる。

SEVENTEEN(「MAMAベストパフォーマンス」より)
SEVENTEEN(「MAMAベストパフォーマンス」より)

(C) CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

12月5日(日)にはノミニーアーティストが発表された「2021 MAMA ノミネーション」の字幕版もオンエア。今年のMAMAは、K-POPを通じて国や人種、世代の壁を越えて偏見なくお互いの価値を尊重し、世界が一つになれる強力な音楽の力を証明する"MAKE SOME NOISE"がコンセプトとなっている。

その言葉を裏付けるように、世界一の音楽市場・アメリカで実施されると先日発表されたばかりで、今のK-POPの勢いを象徴するのはもちろん、さらなる発展に向けたエピックな授賞式になるに違いない。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

2021 MAMA ノミネーション 字幕版
放送日時:2021年12月5日(日)19:30~
2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS レッドカーペット(予定)
放送日時:2021年12月11日(土)16:00~
2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS 授賞式(予定)
放送日時:2021年12月11日(土)18:00~
MAMA ベストパフォーマンス
放送日時:2021年12月27日(月)20:00~
MAMAベストパフォーマンス BTS 2014-2020
放送日時:2021年12月31日(金)18:00~
MAMAベストパフォーマンス TWICE 2016-2020
放送日時:2021年12月31日(金)20:00~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!