アニメ続編発表にファン歓喜! 小林千晃らメインキャスト陣がオリジナルの朗読劇に挑戦した「マッシュル-MASHLE-」スペシャルイベント

TVアニメ「マッシュル-MASHLE-」のスペシャルイベント「マッシュ・バーンデッドたちとクリーム色の研究 -A Study in Cream-」が5月26日に、ヒューリックホール東京にて開催された。昼公演と夜公演のうち、今回は夜公演の模様をレポートする。

「マッシュル-MASHLE-」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載されていた、甲本一氏による同名作品を原作とするアニメ。2023年4月より第1期、2024年1月より第2期が放送されており、これまでに原作コミックスの全世界発行部数が1000万部を超える人気作品となっている。

本イベントはシャーロック・ホームズシリーズの最初の作品である『緋色の研究』の世界観をテーマに、マッシュ・バーンデッド(小林千晃)がシャーロック・ホームズに、フィン・エイムズ(川島零士)がジョン・H・ワトソンの配役を当てられるといった内容で、お馴染みのキャラクターたちが「マッシュル-MASHLE-」らしいコミカルな笑いも織り交ぜつつ、シャーロック・ホームズの世界を彩った。

朗読劇第1部が終了した後は、司会を務めた梅原裕一郎(アベル・ウォーカー役)を筆頭に小林千晃(マッシュ・バーンデッド役)、川島零士(フィン・エイムズ役)、石川界人(ランス・クラウン役)、江口拓也(ドット・バレット役)、上田麗奈(レモン・アーヴィン役)、梶裕貴(レイン・エイムズ役)が登壇し、それぞれ自己紹介を行った。

最初のコーナーは事前に行ったアンケートをベースに印象的なセリフやシーンを振り返っていく「マッシュ・バーンデッドたちと戦いの記録」。第2期のオープニング映像を選んだ上田は「相変わらずなコミカルな可愛さもありつつ、かっこよさみたいなところも加わり、さらに原作のおまけパートのカットも使われていて、より原作の独特なシュール感が込められている」と選んだ理由を語り、梅原も「至るところで聞きますよね」とうなずく。また、命の水晶が割れてしまうシーンを挙げた川島は、「とてもマッシュルらしさが出ている場所だなって」と語った上で、「漫画の表現をアニメという音声がついたからこそどうなるんだろうというのが楽しみだった」とコメント。江口は当時のアフレコを振り返って、「同じ空気で面白いシーンを作っていけるというのがマッシュルの楽しさのひとつですね」と語っており、「マッシュル-MASHLE-」ならではの賑やかなアフレコ現場だったそうだ。

この記事の全ての画像を見る

公演情報

マッシュ・バーンデッドたちとクリーム色の研究-A Study in Cream-
配信日時:2024年5月26日(日)
【昼公演】14:30開演/【夜公演】18:30開演

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像