速水奨の重厚感のあるバリトンボイスでマサイ族の新たなる戦いを知る!

今年で芸歴39年を迎えるベテラン声優・速水奨。「超時空要塞マクロス」(マクシミリアン・ジーナス役)や「勇者エクスカイザー」(エクスカイザー役)、「トライガン」(ニコラス・D・ウルフウッド役)などの名作から、「戦国BASARA」(明智光秀役)や「Fate/Zero」(遠坂時臣役)、「ご注文はうさぎですか?」(タカヒロ役)ほか人気作まで、艷やかなバリトンボイスで数々のキャラクターを演じてきた。

近年は、ラップに初挑戦した「ヒプノシスマイク」(神宮寺寂雷役)でも話題を呼んでいるが、「アンジェリーク」(ジュリアス役)をはじめ乙女向けコンテンツやドラマCD、キャラクターソング、声優ユニットやイベントなど、黎明期から声優の活躍の場を切り拓いてきた先駆者の1人でもある。

(C)TMFS

そんな速水のナレーションを通じて、マサイ族の次世代の生き方に触れることができる「マサイ族 新たなる戦い」が、6月14日(金)よりナショジオ ワイルドで放送される。アフリカのケニア南部からタンザニア北部に暮らす先住民・マサイ族。彼らの伝統的な儀式の1つにライオン狩りがある。

成人への通過儀礼としてだけでなく、遊牧を生業とするマサイ族の財産でもある牛を守るため、命懸けで戦い続けてきた。しかし、ライオンの生息数が急激に減少したことを受けて、マサイ族の長老たちはライオン狩りを禁止。その決断の結果生まれたのが、2012年から開催されている「マサイ・オリンピック」だ。

(C)TMFS

本作は、大型動物を守るレンジャーとして働くマサイ・オリンピックの有力選手でもある青年の視点で語られていく。淡々としたリズムに思慮深さをにじませる速水のナレーションとともに、野生動物から学び、共存する道を模索するマサイ族が、保護の一環として麻酔でライオンを眠らせるシーンや、マサイ・オリンピックで競う様子が描かれる。

映像の中でひときわ精彩を帯びるのは、彼らのエネルギッシュな歌声と、垂直に高くジャンプするダンス、そしてマサイ族を象徴する「赤」。彼らにとって赤は危険・勇気・強さ・誇りを示す色だ。選手たちは大地から力を得るべく顔に色を塗る。狩りから形は変われどもマサイ・オリンピックは、名誉と生存を懸けた戦いなのだ。そんな彼らの心情に寄り添う速水の声にも、一段と生命力が宿る。

(C)TMFS

マサイ・オリンピックを機に、マサイ族の若者たちには意識の変化が起こっている。血を流さずに得られる栄光と、種の保存という新たな使命。速水の第三者に立った落ち着きがありながらもエモーショナルな音声表現を通して、現代を生きるマサイ族の姿を知ることができる。

文=千葉玲子

この記事の画像

放送情報

マサイ族 新たなる戦い
放送日時:2019年6月14日(金)21:00~
チャンネル:ナショジオ ワイルド
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事