仲村宗悟が語るデビューへの覚悟「中途半端なものは作りたくない」

「アイドルマスター SideM」では、元弁護士という28歳の熱血アイドル・天道輝を、「TSUKIPRO THE ANIMATION」では、双子の弟・壱流と共に「QUELL(クヴェル)」というユニットでアーティスト活動をする無口でクールな少年・久我壱星を演じ、その幅の広い演技でアニメファンをうならせた声優・仲村宗悟。

明るさと力強さを兼ね備えた声質の彼は、現在放送中のTVアニメ「厨病激発ボーイ」では二次元女子しか愛せない残念系イケメン・高嶋智樹を好演。その突き抜けた個性を、軽やかな演技で見事に表現している。

そんな仲村は、中学生の頃にギターにのめり込み、高校卒業後には音楽の道を志して上京したという経歴の持ち主。その後、友人の舞台を観劇したことがきっかけで声優を目指すようになる中、「アイドルマスター SideM」の天道輝役に大抜擢された。

そして今回、10月30日(水)にTVアニメ「厨病激発ボーイ」のエンディング主題歌にも起用されているシングル「Here comes The SUN」で待望のアーティストデビューを果たし、長年の夢を実現させることになった。

デビュー曲のMVでは、愛用のアコースティックギターを抱え、聴く者に勇気と希望を与えてくれるような力強い楽曲を人懐っこい笑顔とともに披露する仲村。同時に、表情豊かなファルセットボイスや繊細なビブラートといった"アーティスト・仲村宗悟"ならではの多彩なボーカルテクニックが随所に散りばめられている。

また、シングル3曲目に収録された「ゆらゆら」では、仲村自身が作詞・作曲も担当。等身大の彼に触れられる歌詞と、優しさと切なさが同居したメロディーは、多くの人に仲村のミュージシャンとしての才能を実感させるはずだ。

そんな仲村のアーティストデビューを記念して、11月1日(金)にMUSIC ON! TV(エムオン!)で、彼が大好きな楽器店を巡るロケの模様とインタビューを合わせた「M-ON! SPECIAL 「仲村宗悟」 ~Here comes The SUN~」が放送される。

歌声と同じように、いつまでも少年っぽさを失わない、明るく無邪気で真っすぐな彼のパーソナリティーを垣間見ることができるスペシャルプログラムで、曲とともに多くのファンを惹きつけるそのキャラクターにも注目してほしい。

そして今回、アーティストデビューをする仲村にインタビューを敢行。今の気持ちや番組収録後の感想を聞いた。

――今回のアーティストデビューが決まった時の気持ちをお聞かせください。

「とても嬉しかったですし、絶対に中途半端なものは作りたくないって思いました」

――デビューシングル「Here comes The SUN」の「特にここに注目してほしい!」というポイントを教えてください

「Dメロの『ずっと眠ってた夢が そっと目覚めたのは いつだって君が 信じ続けてくれたから』という歌詞に、これまでの感謝の気持ちを注いだので、注目してほしいです」

――今回放送される特別番組のロケとインタビューを終えての感想をお聞かせください。

「念願のギブソンのギターを買うことができて大満足です!途中カメラを忘れて真剣に選んでいたので、ちゃんと番組になるのか心配ですが...(笑)」

――最後に、放送を楽しみにしているファンの方たちへメッセージをお願いします。

「人が楽器を買うところなんてなかなか見られないので、楽しんでいただけると思います!新しい相棒と出会う瞬間!ぜひお楽しみに!」

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

M-ON! SPECIAL 「仲村宗悟」 ~Here comes The SUN~
放送日時:2019年11月1日(金)23:00~ほか
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

仲村宗悟のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!