奥田庸介監督渾身作「青春墓場」!呂布カルマが演じる、理不尽を押し付ける漫画家にも注目!

「東京プレイボーイクラブ」、「クズとブスとゲス」などの奥田庸介監督が、デビュー作と同じタイトルを付けた映画「青春墓場」が、5月24日(金)に日本映画専門チャンネルで放送される。97分の物語は、ちょうど半分ぐらいで2つの話に分かれる。どちらも主人公の男性は、理不尽なことに見舞われながら、どうしたらいいのか...という思いのなか、常識とはかけ離れたやり方でその感情を昇華していく。そんな本作で、"理不尽"を主人公に浴びせる漫画家を演じているのが、ラッパーの呂布カルマだ。

呂布カルマと言えば、人気ラッパーとして活躍しているが、学生時代に漫画家を目指していたことは広く知られている。自身のコラム等でも、いかに本気で漫画に取り組んでいたかを明かしていたが、劇中では、アシスタントに対して、世の中の厳しさを"理不尽"な形で伝える漫画家を好演している。

田中惇之演じる漫画家のアシスタントは、自身のネームを、呂布カルマ扮する漫画家に見せ意見を求める。その際、漫画家は「構成を考えた方がいい」とアドバイスを含めたダメ出しをするものの、アシスタントのネームをそのまま自身の漫画に取り入れる。

田中惇之演じる漫画家のアシスタントと同棲する役者(古川奈苗)
田中惇之演じる漫画家のアシスタントと同棲する役者(古川奈苗)

当然のことながらアシスタントは「パクった」とクレームを入れるが、「若干参考にした」と言い放つと、それまで冷静だった漫画家は表情を変え「俺はお前のチンケなアイデアを形にしてやったんだぞ」と語気を強める。

アシスタントにとっては、まさに"理不尽"極まりないシチュエーションだが、後ろめたさがありつつも、立場の違いをまざまざと見せつけるようなマウントを取る呂布カルマの立ち居振る舞いや目線は、視聴者に世知辛さを伝える絶妙なさじ加減の芝居となっている。

本作は二部構成になっている。前半部分の主人公は、東京の下町の中華料理店でパートとして働く女性の息子(笠原崇志)だ。どうもいじめにあっているようだが、母親にはその事実を言わない。そんななか、母親は本作の監督である奥田演じる中華料理店で共に働く従業員に相談を持ち掛ける。

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

青春墓場
放送日時:5月24日(金) 22:50~ほか
放送チャンネル:日本映画専門チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物