藤岡弘、が爽やかな刑事を演じる!長嶋茂雄、王貞治といったレジェンドの姿も見られるドラマ「消えた巨人軍」

長嶋茂雄が監督を務め王貞治が本塁打の世界記録を打ち立てた、70年代後半の読売巨人軍。そんな一流の選手団37人が誘拐された――という荒唐無稽な筋書きから始まるミステリーが、藤岡弘、(旧・藤岡弘)主演のドラマ「消えた巨人軍」だ。原作は西村京太郎による同名小説で、藤岡はひょんなことから事件の捜査に当たる若き刑事役を演じる。

阪神戦のために新幹線で大阪に向かった巨人軍37人が、突如行方をくらますという前代未聞の事件が発生。球団の代表は選手たちを誘拐した犯人から身代金5億円を要求される。試合までのタイムリミットが迫る中、巨人軍と偶然同じ新幹線に乗り合わせた刑事・左文字進(藤岡弘)は極秘で捜査に当たることに。新婚の妻・史子(水沢アキ)も同行すると言い張り、2人は消息を絶った巨人軍を救うために奔走する。

原作は実在する人気選手が集団で誘拐されるという点でかなり独特だが、長嶋茂雄、王貞治、張本勲といった面々がドラマにも"出演"する。実際の記録映像を使用する手の込んだ編集の成せる技というわけだが、長嶋茂雄の引退セレモニーや王貞治の800号ホームラン達成といったプロ野球史に残る名場面も巧みに織り込まれている。

そんな本作で藤岡弘が演じるのは新婚ほやほやの刑事役だ。アンチ巨人を自認しているがゆえに大の巨人ファンである先輩刑事と時折小競り合いを起こすが、そんな彼が巨人軍の誘拐事件を捜査することになる。

この記事の全ての画像を見る

放送情報【スカパー!】

消えた巨人軍[新] #1(第1話無料放送)
放送日時:6月2日(日)12:00~
放送チャンネル:東映チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物