甲斐翔真が韓国ミュージカルを学ぶ!加藤和樹真彩希帆と語った熱いミュージカル愛

海外ミュージカル好きを公言する若手実力派俳優・甲斐翔真がMCを務める『World Musical Show Times』。第三弾となる今回の『韓国ミュージカル特集』では、甲斐が実際に韓国を訪れ、俳優や作曲家などのクリエイター達にインタビューを行って、韓国ミュージカルの成長過程を学び、現在地を知り、ミュージカル愛を再確認。甲斐の観劇や街歩きの様子も収められており、世界に拡がる韓国ミュージカルを多面的に捉えている。
ゲストに加藤和樹と真彩希帆を迎え、ミュージカルへの熱い想いを語り合う。また、3人の歌唱披露もたっぷり見られる。

前編のインタビューのトップバッターを飾るのは、ミュージカル『ムーラン・ルージュ! ザ・ミュージカル』で甲斐と同じクリスチャン役を演じた俳優のイ・チュンジュ。二人は初対面にも関わらず、好きな場面や好きな台詞の話から苦労話まで『ムーラン・ルージュ! ザ・ミュージカル』について時間を忘れて盛り上がる。同じ役を違う言語で演じた俳優が、ひとつの作品への想いを共有し、理解し合う姿は珍しいのではないだろうか。イ・チュンジュは2023年に日本でミュージカル『DEVIL』に出演したが、機会があったらまた日本で挑戦したい、甲斐ともいつか共演したいと話す。日本語も話すイ・チュンジュと韓国語を勉強している甲斐が、日本語と韓国語を混ぜながら時に真剣に、時に大笑いしながら、ミュージカルへの想いを語る姿は必見だ。

次に甲斐がインタビューしたのは、ソウル市ミュージカル団のキム・ドクヒ団長。数年前にミュージカルは芸術であると法で認められたことで、国や企業から金銭的支援を受け易くなったこと。それにより、作品の挑戦と発展、人材の教育と成長に、より力を入れることが可能になったこと。その結果が、今の韓国ミュージカルであり、今後も更に飛躍するだろうと話す様子は逞しい。

興味深いのは、国立の韓国芸術総合学校出身の作曲家ミン・チャンホンと劇作家チョ・ミンヒョンのインタビューでも、良い作品を創る為には沢山の失敗が必要だと話していること。そして、失敗を恐れずに挑戦する為には、時間とお金が必要である、と話す。韓国ミュージカルは一朝一夕で実力をつけたのではなく、時間とお金をかけて失敗しながら成長してきたのだと想像すると痺れる。

そして、その考え方は、大手制作会社EMKミュージカルカンパニーのキム・ジウォン副代表のインタビューからも伝わってくる。副代表は、沢山失敗することで学びがあり、その学びが自分と会社を前に進ませると話す。そして、自分は沢山失敗しました、と軽やかに真っ直ぐ話すカッコ良さよ! そこには硬い信念と強い愛があるのだ。

後編でも感銘を受けるインタビューが続く。

この記事の全ての画像を見る

配信情報

World Musical Show Times ~韓国ミュージカル特集~
配信期間:2024年6月14日 12:00~2024年6月27日(木)23:59

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

記事の画像