蒼井翔太演じる歌姫失踪の犯人は?荒牧慶彦らがドラマ「REAL⇔FAKE」で見せた"二面性"

 「REAL⇔FAKE」より
「REAL⇔FAKE」より

今大注目の若手俳優たちが集結した新感覚のミステリードラマ「REAL⇔FAKE」(全4話)が、11月4日(月)にTBSチャンネル2で一挙放送される。出演しているのは、荒牧慶彦・植田圭輔・小澤廉・佐藤流司・松村龍之介・和田雅成・染谷俊之という人気俳優たちと、ハイトーンボイスでファンを魅了する声優アーティスト・蒼井翔太。監督・脚本を務めるのは、ミュージカル『薄桜鬼』や舞台『メサイア』シリーズなどで知られる少年社中の毛利亘宏で、俳優陣の魅力を存分に引き出している。

「REAL⇔FAKE」より

(C)「REAL⇔FAKE」製作委員会・MBS

国民的人気アーティストの朱音(蒼井翔太)が、理由も告げずに突然失踪してしまったことから物語は始まる。事務所の垣根を超えたユニット"Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)"に朱音が加入する直前で起きた事件だったが、ユニットは朱音不在のまま動き出し、シェアハウスでの生活もスタート。

映像ディレクターの守屋(染谷俊之)は、「朱音は生きている。ユニットの中に犯人がいる」という謎の手紙を受け取った朱音の事務所社長から、犯人捜しの依頼を受ける。ユニットの密着ドキュメントムービーを撮影しつつ、"Stellar CROWNS"のメンバーを調査する守屋。しかし、朱音の話題はタブー化しており、カメラが回ると切り替わる彼らの表と裏の顔に守屋は惑わされていく。

「REAL⇔FAKE」より

(C)「REAL⇔FAKE」製作委員会・MBS

"Stellar CROWNS"は二面性があり、秘密を抱えているメンバーばかり。荒牧慶彦演じる牧野凪沙は穏やかで優等生タイプだが、素顔は気弱で、同じ事務所の瀬名征行に頼りっぱなし。男らしい顔とクールな顔を併せ持つ瀬名征行役は、舞台『刀剣乱舞』シリーズでも荒牧と共演している和田雅成。シェアハウスで同室の凪沙と征行の暮らしぶりにも注目だ。

植田圭輔演じる育田悠輔は、子役あがりでいつも笑顔な一方で肺の病に悩まされており、松村龍之介演じる梅原黎士郎は社交的だが何を考えているかわからないところがある。ちなみに松村は帰国子女という役柄もあって、流暢な英語を披露。

メンバーの中で最もギャップが大きいのが、小沢廉が演じている沢瀬凛。元気で明るい雰囲気が、カメラが止まった瞬間に消え去り、冷静沈着な顔に変わる。彼と同室の佐藤流司演じる鈴木翔琉は、カメラの前でも自分を偽れない不器用な性格だが、朱音の失踪後に加入したメンバーで謎も多い。一方、守屋自身も、朱音への特別な思い入れがあることがわかってくる。

「REAL⇔FAKE」より

(C)「REAL⇔FAKE」製作委員会・MBS

いったい犯人は誰で、その目的は何なのか。先の展開を推理しながら見るのはもちろん、一つ屋根の下で暮らすメンバーの関係性を楽しむこともできる本作。彼らがStellar CROWNS with 朱音としてパフォーマンスするオープニングテーマもファン必見だ。今をときめく俳優陣の魅力を堪能しつつ、何がリアルで何がフェイクなのかを見極めたい。

文=中島文華

この記事の画像

放送情報

REAL⇔FAKE
放送日時:2019年11月4日(月)20:00~
チャンネル:TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!