星野源出演ドラマ2選!主役じゃないのに気になる男

「11人もいる!」
「11人もいる!」

時に音楽家、時に俳優、またある時は文筆家。多彩に活躍するマルチな男、星野源。今、常にどこかで目にし、耳にする名前である。誰もが認めるイケメンと言うわけでもなく、いつも主役を張るタイプでもない。しかし、なぜか気になる人だ。"恋ダンス"の大ブームも記憶に新しい「逃げるは恥だが役に立つ」では "プロの独身"を演じながら、ラジオパーソナリティとして恥じらうことなく下ネタ話にも花を咲かせ"変態"を自称する。コントから声優まで器用にこなし、自身の才能を余すところなく多方面で開花させている。

「11人もいる!」

(C)テレビ朝日

そんな星野の才能が感じられる出演作を紹介。1作目は、2011年制作の脚本・宮藤官九郎による笑って泣けるホームドラマ「11人もいる!」。「大人計画」に所属する星野は、実はクドカン作品にも複数出演している。同ドラマでは、不思議な大家族に翻弄される主演の神木隆之介の叔父を演じ、劇中歌も担当するなどまさしくマルチプレーヤーぶりを発揮する。

2作目は、2014年制作の人気脚本家・木皿泉が自身の処女小説をドラマ化した「昨夜のカレー、明日のパン」。義父と二人で暮らす若き未亡人と、彼女たちをとりまくささやかな日常の中のかけがえのない瞬間を丁寧に描き出す名作だ。同ドラマでは、主演・仲里依紗の亡き夫を演じる。どちらも主役ではないものの、全くタイプの異なるキャラクターの存在を確かに感じる演技が光る。両作とも、4月にテレビ放送されるので、ぜひチェックしてもらいたい。

2012年に発症したくも膜下出血により、活動休止を余儀なくされた辛い闘病生活を経て、まさに快進撃と言える見事な復活を遂げた星野。コンプレックスも病さえも自身の一部として、今を生きることに全身全霊を懸けているからこそ、陰に日向にひと際輝いて見えるのかもしれない。柔和で穏やかな笑顔の裏に、一癖も二癖も垣間見える彼の一挙一動を見逃さないでいただきたい。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

11人もいる!

放送日時:2018年4月16日(月)21:30~

4月9日(月)スタート 毎週月曜21:30~

チャンネル:テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ


昨夜のカレー、明日のパン 全7話一挙放送

放送時間:2018年4月28日(土)15:40~

チャンネル:日本映画専門チャンネル

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!