熱血が持ち味の竹内涼真×クールな及川光博が魅せる!『仮面ライダー3号』

今年1月にはミステリードラマ「テセウスの船」で殺人犯の息子を演じ、今後も11月にドラマ「竹内涼真の撮休」、来年1月にドラマ「君と世界が終わる日に」と出演作が途切れることが無い俳優・竹内涼真。

ドラマ「相棒」シリーズで水谷豊演じる杉下右京の2代目相棒・神戸尊役に抜擢されたことでも知られ、今年はドラマ「半沢直樹」で半沢の同期であり、物語のキーとなる極秘情報をタイミングよく渡す融資部の渡真利忍を演じた及川光博。

「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」に出演した竹内涼真

(C)2015「スーパーヒーロー大戦GP」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映ビデオ・東映

そんな今のドラマ界を賑わせる2人が、動と静、熱さとクールさといった対極の演技で絶妙なバランスを見せたのが東映チャンネルで11月8日(日)に放送される映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』(2015年)だ。

物語の始まりは1973年。ショッカーの開発した仮面ライダー3号によって仮面ライダー1号と2号が抹殺されてしまう。それから時代は進み2015年、世界はショッカーの統治下にあった。竹内扮する主人公の仮面ライダードライブ・泊進ノ介もショッカーの一員となっていたが、身を挺して子どもたちを救う仮面ライダーBLACK(倉田てつを)の姿を見て、何かがおかしいと気付き始める。そんな泊の前に現れたのが、及川光博扮する仮面ライダー3号・黒井響一郎だ。黒井は「1号と2号を殺したことを後悔している」と言い、泊とともにショッカーたちに立ち向かうことになるのだが...。

(C)2015「スーパーヒーロー大戦GP」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映ビデオ・東映

仮面ライダー3号は原作者である石ノ森章太郎が構想していたとも言われる幻の仮面ライダー。かつてはライダーに熱狂し、仮面ライダーV3を演じた宮内洋を俳優としてのルーツと公言する及川は、キャスティング時に「子どもの頃の夢が叶いました!」と興奮冷めやらぬ様子だったようだが、演技では孤独で哀愁漂うダークヒーローを全う。「この先ショッカーライダーが襲ってきたとしても倒すだけだ...」と不敵な笑みを浮かべる姿には、影が付きまとう。

一方、俳優を志す以前はプロサッカー選手を目指していたという熱血な一面を持つ竹内。泊のひとたびギアが入れば事件解決までフルスロットルで突き進む熱い性格は見事にハマり、今では竹内の俳優人生を語る上では欠かせないものとなっている。今回もショッカーたちに仲間を傷つけられるシーンで熱い涙を一筋流し、竹内だから表現できる泊の内なる情熱を見せつけた。

(C)2015「スーパーヒーロー大戦GP」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映AG・東映ビデオ・東映

仮面ライダーファイズ(半田健人)や仮面ライダーゼロノス(中村優一)など歴代のライダーが多数登場する中で、情熱を持った熱いドライブとクールで謎を秘めた3号の対峙はそれぞれのキャラクターをより強調するものだ。黒井が冷徹ともとれる言葉を発せば、泊が熱血で応戦する。対照的な2人を中心に描くからこそ、より厚いストーリーラインになっているように感じる。もちろん仮面ライダーに欠かせないアクションも楽しめる同作。今をときめく竹内と及川の共演を見届けたい。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
放送日時:2020年11月8日(土)10:00~
チャンネル:東映チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!