竹内涼真、実際の"撮休"の過ごし方は「意外と地味です」

ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称"撮休"。「多忙な毎日を送る俳優が、いきなり舞い込んで来た休日をどのように過ごすのか」をテーマにした8つの物語を役者本人が演じるという、これまでにない1話完結の新企画オムニバスドラマ第2弾「竹内涼真の撮休」が、11月6日(金)深夜0時よりWOWOWプライムで放送される。

ある時はスパイス屋でセクシーな女店主と出会い、ある時は妹と人生を語り、ある時は同級生とバーベキューをする...。人気クリエイターによる8つの妄想炸裂ストーリーを演じた竹内にインタビューを敢行。作品にかける思いなどを聞いた。

「竹内涼真の撮休」について語った竹内涼真

©「竹内涼真の撮休」製作委員会

――今回のお話を聞いた際の第一印象をお聞かせください。

「有村架純さんが出演された前作を拝見していて、すごく斬新でおもしろい企画だなぁと思っていました。興味があったので、自分がやらせていただけるというお話を聞いた時は『ぜひやりたいな』と。8人の脚本家さんが自分の撮休をイメージして書いてくださった物語を、3人の監督と作り上げていくというのは、すごく贅沢ですよね。『おもしろい作品にしたい』と思いつつ、いろいろとこの現場で収穫できるものがあるんだろうなというワクワク感があって、撮影前から自分のモチベーションがどんどん上がっていったという感じがありました」

――「俳優・竹内涼真」を演じてみてのご感想はいかがでしたか?

「『自分を演じる』ということに対しては、あまり深く考えてはいなくて。ただ、自分が私生活で行動するときに、いろんな場所に行ったり、いろんな人と会ったりする中で、自分の対応がその都度変わるので、そういうことなのかなとまず思って。もちろん、話のテイストが1話ずつ違うので、個々の作品に寄り添いながら、肩の力を抜いて、相手のセリフをしっかり感じて受け止めて、新鮮にリアクションするということを一番意識しました」

「竹内涼真の撮休」より

©「竹内涼真の撮休」製作委員会

――はじめて脚本を読んだ時の感想をお聞かせください。

「『なんで、普段の僕のことがわかるんだろう?』というのが結構ありましたね(笑)。事前の打ち合わせももちろんしたのですが、脚本家さんがこだわってくださって、読んでいてすごく楽しかったです。弟との会話だったり、妹とのやりとりの感じとかは僕の普段の部分とすごく似ていて、セリフがナチュラルで、作品にスッと入ることができました。1つ言うとすれば、スタッフさんが用意してくださった家のセットが広すぎて、『そんなに大きな家に住んでいない』ということは、お伝えしたいところではあるんですけど(笑)」

──撮影をされている中で、自分の知らない部分が出てきたりはしましたか?

「自分でも知らなかったというよりは、再認識できたという気持ちが大きいです。撮影前は『自分でも気づけていないパーソナルな部分なども、監督と相談する中で発見できそう』と思っていたんですけど、改めて気づいたのは、自分はどういう風にお仕事をしたいのか、どう演技に向き合っていきたいのかということですね。やっぱり演技が楽しくて、好きなんだなと思いましたし、廣木監督、内田監督、松本監督といろいろお話して、もっと演技の勉強がしたいなと思ったんです。これからも役者という仕事を続けていく上で、演技に関していろいろ知りたいという意欲が湧いたことが、今回の撮影の中で大きかったですね」

©「竹内涼真の撮休」製作委員会

――廣木隆一監督、内田英治監督、松本花奈監督とのお仕事でしたが、それぞれの監督とのお仕事の中で感じたことをお聞かせください。

「廣木監督からは今回、本当に力の抜けた素の僕を見たいと打ち合わせの時から言われていました。また『各話のどこかに1つオチが欲しい』という提案があり、いろいろ演出をしていただいたのですが、それに僕がどう反応して応えるか、というやりとりが多かったです。

内田監督とはアイディア合戦というか、妙に気が合うというか(笑)。結構、現場でセリフも変わりました。毎回、どう内田監督を唸らせて笑わせられるか、いかに新鮮なリアクションに見せるか、というのを心がけていました。いろんな状況に対応してリアクションしたり、常に柔軟でいるというのは、内田監督の回で学びましたね。

最後に撮影した松本監督とは『こういうのはどうですか?こんな風にしてみますか?』と僕も質問や相談をさせていただきました。松本監督は意外と笑ってくれないので『演技で笑わせたいな』と思いながらやっていました(笑)」

――竹内さんと監督さんたちと一緒に作り上げた作品なんですね。

「そうだと思います。今回、いろいろな『竹内涼真』を演じる中で、素の自分と演技とで混乱することはなかったですけど、ものすごく自然に反応しちゃっていたことはありましたね。本当にリラックスしていると普段生活している状況と変わらない時があるので、そのリアクションは結構素だったな、と思うこともありました。特報映像で皆さんに先にご覧いただいたシーンは、ほぼ本気で寝ていますからね。素で寝ていました(笑)」

――実際の撮休では、どんな過ごし方をされていますか?

「意外と地味ですよ。早起きして、朝ごはん食べて、ジムで1、2時間過ごして、帰ってきて台本読んだり、映画やドラマを見たりしてゆったり過ごします。僕はご飯を食べることが好きなので、グルメな友達とおいしいお店の情報交換をしたり、鮮魚市場に行って『今日、何食べようかなー』って魚を見たりすることが好きです」

この記事の画像

放送情報

竹内涼真の撮休
放送日時:2020年11月7日(土)0:00~※第1話無料放送
チャンネル:WOWOWプライム
※放送スケジュールは変更になる場合があります

竹内涼真の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!