お宝シーンも!若き日の相葉雅紀松本潤横山裕が出演した伝説の映画

嵐の相葉雅紀と松本潤、関ジャニ∞の横山裕。大人気グループの一員として活躍しているこの3人が、ジャニーズJr.時代の1998年に主演を務めた映画『新宿少年探偵団』が1月の衛星劇場に登場する。

それぞれが違う悩みや問題を抱える中学生たちが、夜の新宿を舞台に不思議な事件に挑む青春アドベンチャーとなる本作。ミステリー作家・太田忠司の代表作である小説を原作にしたストーリーもさることながら、随所に散りばめられたお宝シーンには注目せざるをえない。

『新宿少年探偵団』に出演した相葉雅紀、松本潤、横山裕

(C)1998 新宿少年探偵団 SHOCHIKU CO.,LTD.

今回3人は、少年探偵の壮助を相葉、コンピューターの天才である謙太郎を松本、そして少年探偵団の結成に大きく関係してくる謎の少年・蘇芳を横山が演じている。

まずは壮助と謙太郎。先に関係性を整理しておくと、2人は幼馴染という設定だ。しかし、キャラクターは大きく異なっており、壮助はローラースルーで新宿の街を疾走するアクティブ担当、謙太郎は頭脳で少年探偵団をサポートする秀才タイプとなっている。一見、凸凹コンビのようにも思えるが、作中では衝撃シーンを披露している。

例えば夜の公園での一幕。ジャングルジムに登ってガムを口にした謙太郎に「くれよ」とばかりに手を差し出した壮助だが、あいにくもうガムがない。すると謙太郎はおもむろに噛んだガムを壮助に向かって吐き出し、壮助はそれを口でキャッチしようと試みる。2人の親密さが実によく伝わってくる。

これ以外にも、銭湯の場面や、ファストフード店でミルクを注文するところなど、注目シーンが満載だ。

一方、横山が演じる蘇芳は、壮助たちのピンチに突如現れて危機を救ったり、特殊能力で活躍するなど、ミステリアスなキャラクター。袖口をヒラヒラさせた貴族風の衣装は着る者を選びそうだが、横山の端正なルックスも相まって意外なほどしっくりくる。

既にまばゆいばかりの輝きを見せている3人の姿は必見だ。

文=安藤康之

この記事の画像

放送情報

新宿少年探偵団
放送日時:2021年1月3日(日)20:00~
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事