2.5次元俳優、歌手...マルチな才能を発揮する植田圭輔が女性ヴォーカル曲を熱唱

(C)WOWOW PLUS INC. / <写真:西岡浩記>

2013年に舞台『弱虫ペダル』の真波山岳役で注目を浴びて以来、舞台『文豪ストレイドッグス』や舞台『鬼滅の刃』といった数々の注目作に出演してきた植田圭輔。2.5次元舞台のファンなら、彼を知らない人はいないだろう。

そして植田といえば、特筆すべきはその多才ぶり。2017年には声優に初挑戦し、『王室教師ハイネ』のミュージカル版・TVアニメ版の両方で、主人公ハイネ役を演じあげた。さらにその後、三宅乱丈の漫画『pet』の舞台版・TVアニメ版でも、ともに主演を務めている。

そのトークスキルも評価が高く、最近では、「2.5ちゃんねる 1st SEASON~俳優の僕たちが本気カラオケ対決したり、楽しくエチュードする番組~」でMCを担当するなど、活躍の幅をさらに広げている。また今年6月には、日本モルック協会の公式アンバサダーに就任。木製の棒"モルック"を投げ、木製のピン"スキットル"を倒すフィンランドのスポーツ・モルックの魅力を発信している。

さらに、2018年には「START LINE ~時の轍~」でメジャーデビューし、アーティスト活動を開始。今年の3月にはニューアルバム「canvas」をリリースしており、自ら作詞した楽曲も収録されている。

そんなマルチな才能を発揮している植田の新たな魅力を楽しめるのが、10月にWOWOWプラスで放送される「2.5次元男子。~歌姫へのラブレター~」だ。今年3月に配信された本番組は、WOWOWプラスが2.5次元舞台を中心に活躍する俳優たちに焦点をあてた「2.5次元男子。」シリーズの第1弾。スタジオ形式の音楽ライブ番組となっており、歌われる楽曲は女性ヴォーカル曲限定の全12曲。女性の楽曲をカバーしているとあって、オリジナル楽曲やミュージカルでの歌唱とはまた違った、柔らかで繊細な歌声を堪能できる。

植田とともに甘い歌声を聞かせてくれるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の松井江役や、「MANKAI STAGE『A3!』」の水野茅役などを演じる笹森裕貴と、舞台『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN‛S SHOW TIME〜」のおそ松(F6)などを演じ、パフォーマンス力の高さで知られる井澤勇貴。

披露されるのはDREAMS COME TRUEの「未来予想図II」などの懐かしくも色褪せない名曲から、YOASOBIの「夜に駆ける」といった最近の大ヒット曲までさまざま。彼らが選んだバリエーション豊かな楽曲を、ソロまたはユニットとして歌い上げている。3人での共演は今回が初とあって、彼らが生み出すハーモニーはもちろんのこと、トークコーナーも必見だ。

ちなみに今年6月には、「2.5次元男子。」シリーズの第2弾となる「2.5次元男子。LIVE2021」が、LINE CUBE SHIBUYAにて開催され、総勢10人の人気俳優たちが、植田率いる紅組と井澤率いる白組の2つのチームに分かれて歌合戦を繰り広げた。今後も配信や音楽イベントなどさまざまな展開を期待できそうなので、楽しみにしたい。

文=中島文華

この記事の画像

放送情報

2.5次元男子。~歌姫へのラブレター~
放送日時:2021年10月18日(月)0:15~
チャンネル:WOWOWプラス
※放送スケジュールは変更になる場合があります

植田圭輔の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!