竹内結子の当たり役、信念を曲げずに戦う刑事に心ひかれる

デビュー間もない頃から圧倒的な透明感と確かな演技力で、トップ女優としての地位を確立した竹内結子。笑顔の可愛らしさたるや、「世界ウルルン滞在記」で訪れたホームステイ先の青年が竹内を見て鼻血を出したほど。国境を越えて通じる輝きを放っていた。朝の連続テレビ小説「あすか」のヒロインを務めたのもこの頃だ。主演を務めた「ランチの女王」では、主演級の俳優陣に囲まれて茶目っ気たっぷりの魅力的なヒロインを演じ切った。

その後は『黄泉がえり』や『いま、会いにゆきます』など現世との狭間を行き来するような儚げなヒロインも好演。豪快で自由奔放な女性を演じた映画『サイドカーに犬』での演技は特に高く評価され、数々の賞を受賞した。着実に実力派女優としての地位を積み上げてきた。

そんな彼女が、新しい一面を見せた作品が、誉田哲也の人気小説を原作にしたシリーズの「ストロベリーナイト」だ。刑事役に挑戦し、衝撃的な内容で話題となった同作のスペシャルドラマと連続ドラマが、12月にフジテレビTWOで放送される。

「ストロベリーナイト」に出演した竹内結子と西島秀俊
「ストロベリーナイト」に出演した竹内結子と西島秀俊

主演を務めた竹内は、ノンキャリアで成り上がり系の警視庁捜査一課の刑事・姫川玲子を演じた。ワンレンロングにきりっとしたメイク、赤いエルメスのバッグを手に高いヒールを履きこなす姫川のビジュアルもこれまでとは違うクールさを印象付けており、「女だからって負けてなるものか」という意思を表す戦闘服のようにも見える。

圧倒的な男性社会の警察組織、強面の刑事たちの中に紅一点。天性の直感と行動力を武器に事件や理不尽な現実と戦っていく。人や事件に誠実に向き合い、自分の中の正義を貫く一本気な姫川は、ついていきたいと思わせる理想的な上司。西島秀俊演じる、健気に彼女を慕う部下の菊田との関係を見ても、強く美しくカッコイイ。

また、クールでいて情に厚く、曲がったことを許せず熱くなってしまう人間味溢れるところも魅力の1つだ。刑事になった理由を語るシーンで見せた情感のこもった表情や声は、まさしく姫川そのもの。過去の弱い自分を封じているが、その弱さを知っているからこその強さ。壊れそうで痛々しさを感じるほどだ。世の不条理に、自分の弱さに負けまいと自らを奮い立たせている姿を竹内が演じるからこそ、胸に響くものがあり、彼女の当たり役となったのもうなずける。

真っ直ぐ信念を曲げずに戦う姿は何度見ても色褪せない。姫川玲子ひいては竹内結子が見る者の心を今なお、ひきつけてやまない理由がきっとそこにあるのだろう。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

ストロベリーナイトSP
放送日時:2021年12月2日(木)12:10~
ストロベリーナイト
放送日時:2021年12月3日(金)12:10~
チャンネル:フジテレビTWO ドラマ・アニメ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!