星組トップコンビ・礼真琴舞空瞳が8年ぶりに再演!『ロミオとジュリエット』

 ロミオとジュリエットを演じる礼真琴、舞空瞳
ロミオとジュリエットを演じる礼真琴、舞空瞳

海外ミュージカルの人気作『ロミオとジュリエット』、その2021年星組バージョンがタカラヅカ・スカイ・ステージにお目見えする。もとはフランス発のこのミュージカルを2010年に星組が初演したときは、現代的な演出とロック調の楽曲の斬新さで大きな話題を呼んだ。以来、2011年雪組、2012年月組、2013年星組と再演が重ねられてきた。8年ぶりの再演となる2021年版では、主要キャストが役替りし、さらに感染拡大予防のため出演者の一部も2つに分けられ、AとBの2つのチームが交代で公演を行った。今回放映されるのは、このうちのAパターンだ。

礼真琴
礼真琴

実力派の星組トップスター礼真琴にとって、歌にダンスに見どころの多い『ロミオとジュリエット』はとりわけ縁の深い作品である。まず、2010年の初演時には入団2年目にして「愛」の役を演じ、一躍注目を浴びた。その後、2013年にはベンヴォーリオと「愛」の2役を、新人公演ではロミオを演じている。

その礼真琴が満を持して挑む主人公・ロミオは、良い意味での「普通さ」を感じさせつつ物語の主人公としてちゃんと存在し、シェイクスピアの世界を現代の私たちのところにグッと引き寄せてくれる。それは、確かな技術力と経験値の成せる技である。

ヒロインのジュリエットも、初々しさと安定した実力という、ある意味相反したものを求められる難役だ。トップ娘役の舞空瞳はこの2つを共に満たしつつ、さらにジュリエット本来の「強さ」も感じさせてくれた。

AB両パターンで役替わりするキャストたちによる、持ち味を活かした役づくりが興味深い。
 
愛月ひかるのティボルトはクールで理性的。キャピュレットを背負う者としての誇りと責任感にあふれている。それゆえに、ジュリエットの前では素直になれない。愛月ティボルトが歌い上げる「本当の俺じゃない」からは、そんな苦悩が伝わってくる。

愛月ひかる
愛月ひかる

極美慎のマーキューシオは明るく皆を引っ張るリーダータイプ、いっぽう瀬央ゆりあのベンヴォーリオは誠実で温かい人柄の常識人だ。盛り上げ上手のマーキューシオと、我が道をいく純粋なロミオに挟まれて、調整役ベンヴォーリオがあれこれ気を遣うというのがAパターンの3人の構図である。

綺城ひか理のパリスには、金持ちの自分がキャピュレット家の命綱を握っていることをちゃんとわかっている小賢しさがある。そんな彼だから、仮面舞踏会で道化役になってしまうのが可笑しい。

Aパターンの「死」(天華えま)は、ロミオに内在している分身のように見える。時折ぬらっと姿を現し、ロミオに影のように張り付く不気味な存在だ。対する「愛」(碧海さりお)は表情豊かで躍動的、生きる喜びにあふれている。まるでジュリエットの化身のように立ち現れ、ロミオが背負う「死」の影と対峙する。

いっぽう、両パターンで同じ役を演じるキャストたちは、確かな演技で作品のブレない軸をしっかりと形作る。

有紗瞳の乳母は、昔は素敵な恋をたくさんしたのだろうと感じさせる艶っぽさがある。天寿光希のキャピュレット卿は俗な小人物感の出し方が絶妙だが、ジュリエットと向き合うときだけは「ダメな父親」の哀しみがにじみ出る。英真なおきのロレンス神父はこれまでの再演でもたびたび登場し、もはや「ロミジュリ」には不可欠な存在といえそうだ。

今回放映されるのは東京公演の千秋楽である。この東京公演は途中、緊急事態宣言によって中止を余儀なくされたが、その間に無観客ライブ配信が急遽実現するなど、その過程にもドラマがあった。そして迎えた千秋楽の感動も、今回の放映ではきっと伝わるに違いない。

文=中本千晶

この記事の画像

放送情報

『ロミオとジュリエット』('21年星組・東京宝塚劇場・千秋楽)

放送日時:2022年4月10日(日)21:00~

チャンネル:TAKARAZUKA SKY STAGE 

※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事