山下智久新垣結衣戸田恵梨香らお馴染みのメンバーが再集結!『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』

事故現場などで救急医療を担うドクターヘリとフライトドクターをテーマに描いた『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年)。2008年に1stシーズンとなる連続ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」が放送され大ヒットを記録。2009年スペシャルドラマ、2010年2ndシーズン、2017年3rdシーズンと次々に続編が制作され、シリーズを通して大好評を博してきた。数多くある医療ドラマの中で初めてドクターヘリをテーマに取り上げた本作の人気は、単なる一ドラマの枠に留まらず実際の救命救急の医療現場にも大きな貢献を果たすほど。医療・災害現場のリアルさや色濃い人間ドラマが大きな話題を呼んだ。そして、やはり最大の魅力は主人公ら5人のメンバーたちだろう。シリーズを重ねるにつれ成長し、絆を深めていく姿を見守ってきたファンからすれば、まさしく待望の映画化と言える。これまでのTVシリーズでは高速道路多重衝突事故や旅客機不時着事故、地下鉄トンネル崩落事故などの大規模災害が描かれてきた。劇場版では、成田空港への航空機緊急着陸事故と東京湾・海ほたるへの巨大フェリー衝突事故という未曽有の大事故が連続発生。出会いから10年、それぞれの旅立ちと別れが迫る中、史上最悪の現場に救命救急センターのチームで挑む。

「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」に出演した新垣結衣、戸田恵梨香
「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」に出演した新垣結衣、戸田恵梨香

主人公・藍沢耕作を演じる山下智久をはじめ、白石恵役の新垣結衣や緋山美帆子役の戸田恵梨香、藤川一男役の浅利陽介、フライトナース・冴島はるか役の比嘉愛未ら10年間ともに走り続けてきた5人。フライトドクターを目指して全国から集まった候補生(フェロー)の頃から、ぶつかり合い助け合いながら苦楽を共にしてきた。1stシーズンのまだ幼さの残る顔や声から、一人前の医師・看護師として成長した現在への変化が頼もしい。アイコンタクトや短い言葉のやりとりだけで通じ合う絆の深さ、息の合ったチームワークも見ていて心地よい。

脳外科のエースへと成長した藍沢。山下は経験を積み戦友を得て少しずつ変わっていく姿を丁寧に演じてきた。クールな表情の中に喜びや悲しみを細やかに表現している。ぶっきらぼうな口調でも照れや優しさが伝わり、立ち居振る舞いから医師としての覚悟が感じられる。仲間への不器用な愛情表現も、藍沢らしくてぐっとくる。また、新垣と戸田演じる白石と緋山も、新人の頃とは違い冷静かつ的確に業務にあたる。後輩や患者へ向ける慈愛に満ちた眼差しが温かい。辛い経験を乗り越えてきたからこその優しさと厳しさが染みる。真面目で素直な白石とガサツで素直じゃない緋山の親友トークも、嘘のない適度な距離感がリアルだ。藤川と冴島の晴れ姿も彼ららしくて微笑ましい。

回を重ねるごとにそれぞれのキャラクターが板に付いて、個性を確立させていった5人。自然に役として生きている姿からは、芝居や作品に真摯に向き合ってきた10年の重みが感じられる。物語とリンクするように、若手俳優だった彼らも今や全員が主演級俳優へと飛躍を遂げた。近年は、コメディドラマ「正直不動産」(2022年)でのコミカルな演技も高く評価され、配信中のNetflix映画『マン・フロム・トロント』にも出演し、俳優としての地位を確立している山下。今年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」での好演も話題となり、誰からも愛されるヒロインとなった新垣。そして、主演映画『母性』の公開も控え、演技派女優に成長した戸田。他にも、有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみから若手に、安藤政信や椎名桔平らベテラン勢も再集結。今となっては奇跡的な豪華メンバーが出演していた。彼らの強い絆と想いがぎっしり詰まった集大成となる劇場版。一人ひとりの命に誠実に向き合い、自分なりの医療を目指すコード・ブルーチームの勇姿を見届けてほしい。

文=中川 菜都美

この記事の画像

放送情報

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
放送日時:2022年7月11日(月)20:50~、7月16日(土)23:45~、7月24日(日)23:00~、ほか
チャンネル:日本映画専門チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事