本田翼に対するズレた言動も演技の幅の一つ!窪田正孝が「ラジエーションハウスII」で魅せる芝居の奥深さ

2019年にドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)で"月9ドラマ"初主演、2020年にNHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合ほか)で主演を務め、2022年には5本の映画が公開されるなど獅子奮迅の活躍を見せる窪田正孝。2006年に俳優デビューしてから順調に経歴を重ね、"今最も脂の乗っている俳優"の1人である彼の人気を裏付ける演技の幅広さが見られるのがドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(2021年、フジテレビ系)だろう。

「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」で放射線技師を演じている窪田正孝
「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」で放射線技師を演じている窪田正孝

同作品は前述の通り窪田にとって"月9ドラマ"初主演作の「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の2年後を描いた続編で、診療放射線技師と放射線科医の活躍を描く医療ドラマ。毎回、さまざまな症状を訴えてくる患者の画像を見た唯織(窪田)が、持ち前の天才的な読影技術とセンスで病原を特定していく。

アメリカから帰国した唯織はかつて働いていた甘春総合病院に復帰しようとするが、甘春総合病院では放射線科の規模が縮小されており、仲間たちはそれぞれ別の病院などに転職しているという不遇の状況からスタートし、第1話では仲間たちが再集結する模様が描かれる。

前シリーズから引き続き、個性豊かなキャラクターたちが物語を彩り、時にぶつかり合い、時に一致団結して患者のために頑張るといった魅力はそのままに、病院の経営を重視する灰島院長(高嶋政宏 ※「高」は正しくは「はしご高」)とのやりとりなど、新たな要素も加わりパワーアップして物語は展開。そんな中で、窪田の演技は作品全体を背骨のように支えている。

この記事の画像

放送情報

ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~
放送日時:2022年8月8日(月)12:10~
チャンネル:フジテレビTWO
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

窪田正孝の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事