新生ライオンズを背負う"神出鬼没"の外崎修汰はフグでゲン担ぎ!

プロ野球開幕まであと10日。昨季、パ・リーグのペナントレースを制しながらも、クライマックスシリーズ(CS)で涙をのんだ埼玉西武ライオンズが、シーズン日本一に向けて闘志を燃やしている。主力の菊池雄星投手や浅村栄斗選手らが抜けた一方、即戦力ルーキーのほか、読売ジャイアンツから内海哲也投手を獲得するなど、"新生"チームへの期待はファンの間でも日に日に大きくなっている。

フジテレビTWOでは、そんなライオンズの主催ゲームを全試合完全生中継。どこに注目すればよりライオンズの試合を楽しめるのか?内外野を守れるユーティリティープレイヤーで、実家がりんご農園を経営していることからパンチ力ある打撃が"アップルパンチ"と呼ばれ、ファンの間で愛されている外崎修汰選手に今シーズンの展望を直撃した。

――今シーズンは、投打の主力選手が移籍しましたが、新生ライオンズとしてのチームの雰囲気はいかがでしょうか?

「特に雰囲気は変わっていませんよ。元気があって、オンオフを切り替えられるというライオンズらしさは相変わらずです。楽しくて活気ある練習ができています。昨季は10年ぶりにリーグ優勝できましたけど、CSで敗れてしまったので『残すは日本一だけ!』という思いでやっています。キャンプが始まる前のミーティングの段階から、みんながそういう言葉を自然と口にしていました」

――そんな中、経験豊富なベテランの内海投手が入ったことでプラスに感じる部分は?

「投手陣を引っ張っていってくれているという雰囲気は感じますし、各投手が積極的に野球に関する質問をしているようです。あとは...例えば投内連携の練習をしている中で内海さんがエラーとかをしたときも、遠慮せずにみんなで指摘しあって、それで盛り上がるっていう形になっています。気を使い過ぎない空気が出ているのでいい傾向じゃないでしょうか」

――なるほど。ライオンズらしさがありつつ、新しい刺激も増えたということですね。ライオンズファンにとっては、外崎選手がセカンドでいくのか、外野でいくのかという点も気になるところですが...

「そうですよね。そこは僕も気になっています(笑)。ただ、僕自身は『試合に出たい!』という気持ちが強いので、出させていただけるのならどこでも守ります」

――合わせて打順に関しての希望はありますか?

「それも難しいところですね(笑)。やっぱり、何番でもいける準備はしています。柔軟にどこでも行ける準備をしておいた方が、いざ出番が回ってきたときにバンっ!といけますので」

この記事の画像

放送情報

LIONS BASEBALL L!VE 2019オープン戦
埼玉西武vs巨人
放送日時:2019年3月21日(木)12:50~

LIONS BASEBALL L!VE 2019
埼玉西武vs千葉ロッテ
放送日時:2019年4月2日(火)17:30~

チャンネル:フジテレビTWO ドラマ・アニメ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!