竜王戦の防衛は2勝1敗でリードを獲得!六冠目を目指す棋王戦も勝ち上がりを見せる藤井聡太の10月の対局を振り返る!

竜王戦の防衛戦が開幕。挑戦者の用意周到な指し回しに苦戦を強いられるが、抜群の終盤力を見せて白星を先行させている。また、六冠目に向けて棋王戦も勝ち上がってきた。
※対局予定棋士の名前の後の()内は藤井から見た過去の対戦成績。

竜王戦、防衛戦中の藤井聡太
竜王戦、防衛戦中の藤井聡太

10月7、8日に第35期竜王戦七番勝負第1局で広瀬章人八段と対戦。角換わり腰掛け銀から難解な攻め合いとなるが、初日の段階で先手の広瀬に形勢が傾く。その後も形勢は縮まらず、終盤の迫力ある勝負手にも冷静に対応されて押し切られた。

10月12日に第81期A級順位戦4回戦で斎藤慎太郎八段と対戦。角換わりから難解な中盤が続いたが、抜け出したのは藤井。巧みに攻めをつなぐと、確実に差を広げていき押し切った。3勝1敗と星を伸ばし、5回戦は11月14日に広瀬八段と対戦する。

10月17日に第48期棋王戦コナミグループ杯挑戦者決定トーナメントで豊島将之九段と対戦。角換わり腰掛け銀から先手の藤井が先攻する展開に。豊島の反撃に丁寧に応じてリードを広げていくと、最後は確実な攻めで快勝となった。これでベスト4に進出し、次戦は11月3日に佐藤天彦九段(3勝0敗)と対戦する。ここからは変則トーナメントで2敗失格制となる。

10月21、22日に竜王戦第2局で広瀬八段と対戦。角換わりから後手の広瀬が非常に珍しい指し方を採用。長考を強いられた藤井だが2日目に入って巧みな切り返しでリードを奪うと、その後は安定した指し回しで押し切った。

10月28、29日に竜王戦第3局で広瀬八段と対戦。相掛かりから持久戦となるが、徐々に広瀬がペースをつかみ、藤井は苦しい戦いを強いられる。しかし相手に楽をさせない手を重ねてチャンスを待つと、訪れた好機をしっかり捉えて逆転に成功。リードを奪ってからはそのまま逃げ切った。これで七番勝負は2勝1敗に。第4局は11月8、9日に行われる。

第43回将棋日本シリーズは準決勝で稲葉陽八段(4勝2敗)と11月6日に対戦する。

11月1日に第30期銀河戦本戦Gブロック最終戦で髙見泰地七段との対局が放映。相掛かりからじわじわとリードを奪い、終盤は髙見の勝負手を許さず快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。11月29日の決勝トーナメント1回戦では中村修九段(2勝0敗)と対戦。

第72回NHK杯将棋トーナメントは3回戦で佐藤天彦九段と対戦する。
 
第1期新銀河戦は準々決勝で郷田真隆九段と対戦。相掛かりから安定した指し回しで快勝した。準決勝では菅井竜也銀河と対戦する。

SUNTORY将棋オールスター東西対抗戦2022はファン投票で西側1位となり、12月25日に行われる予定の東西対抗戦へ出場が決まった。

第2回ABEMA師弟トーナメントの開催が決定。藤井は師匠の杉本昌隆八段と組んで出場となる。

文=渡部壮大

この記事の全ての画像を見る

放送情報

第70期 王将戦 挑戦者決定リーグ戦 藤井聡太二冠 vs 佐藤天彦九段 
放送日時:2022年11月12日(土)10:00~
チャンネル:囲碁・将棋チャンネル

※放送スケジュールは変更になる場合がございます

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物