酒井瞳が体感したBリーグの魅力【動画あり】

スカパー!Bリーグ専属リポーター 酒井瞳
スカパー!Bリーグ専属リポーター 酒井瞳

昨年12月にスカパー!Bリーグ専属リポーターに就任した酒井瞳。どのチームにも「情」がある彼女が悩み抜いて導き出したチャンピオンシップ予想や、取材を通して感じたBリーグの魅力など、思いの丈を語った。

スカパー!Bリーグ専属リポーターになって色々な取材をされていますが、驚いた事や楽しかった事などを教えてください。

「色々とありましたけど、驚く事がたくさんありましたね。特にBリーグのアリーナってチアのパフォーマンスやハーフタイムのショーだったり、バスケだけじゃないエンターテインメントの要素が強い事にはびっくりしました。バスケってアメリカのスポーツだから他のスポーツとかに比べて、アリーナの盛り上がり方が大きくて。ブースターの応援の力強さや雰囲気など、とにかくパワフルな感じという言葉が合うかなと思います。あとは色々なチームに伺いましたけど、どこもとにかく楽しかったです。私のインタビューってバスケに関わる事を一切していなくて(笑)、そういう話にもしっかりと乗っかってくれて、無茶振りをお願いしても対応してくれたのが印象的でした。特にサンロッカーズ渋谷に行った時は、選手自らプラスして小ボケを入れてくれたりと、選手のノリの良さは嬉しかったです。私の役割は『Bリーグをもっとたくさんの人に広める事』と『選手の隠された一面など魅力を広めて行く事』だと思っていて、その点に関して伺ったチーム全てが協力的だったので、感謝しかないです。また、コート上での選手の表情がインタビュー中とは真逆で、そのギャップにドキドキしたりします。なので、会場に行くとインタビューをした選手の表情やプレーに目を奪われてしまいますね」

中、西地区で地区優勝を決めた琉球ゴールデンキングス、シーホース三河の好調の要因は何だと思いますか?

「琉球ゴールデンキングスは行った事はないのですが、ブースターの声援が本当に凄いですよね。どのチームよりも熱量や声援が1番のイメージがあります。バスケって流れを掴むスポーツだと思っていて、誰か1人が乗り始めるとチーム全体もいいバスケを展開して行くとか、その時のアリーナの大声援を味方に付けて、一瞬にしてゲームの流れを引き寄せる強さなどが、琉球にはあると思いますね」
「一方のシーホース三河もまだアリーナには足を運んだ事はないのですが、私と同年代の金丸選手の3Pシュートは凄いし、勝負強いなと。まさしくスラムダンクの三井を思い出します。彼がいい場面で次々とシュートを決めて、チームを押し上げている印象があります。それといい日本人選手が多いですよね。なので海外に向けて日本人もやれるんだ、というイメージを発信してほしいと期待しています」

混戦の東地区、千葉ジェッツ・アルバルク東京・川崎ブレイブサンダースのなかで抜け出すのは?

「この3チーム全てインタビューに行っていて、それぞれに情があるから、もう争わないでと思っていて(笑)。もうみんな優勝でいいよ!という気持ちになってしまいます。でも、実際にゲームを見て、そして公平な目線で見た時には千葉ジェッツが1番かなと感じています。なんと言えばいいのか、イメージですけど『武将』のようなオーラや気持ちの強さを感じました。それでも、情とか色々な気持ちを含めて言うと川崎ブレイブサンダースにも頑張ってほしい。インタビューの時にチームの仲がいいんですよ。いい仲間たちだなあと。あとアルバルク東京も若い選手が多くて、彼らの爆発力や勢いには期待しています。
どのチームもそれぞれ良さがあって、横一線で私の立場では本当は決められなくて、このチームなんて言えないんですけど、敢えて選ぶとしたら、やっぱり千葉ジェッツですね」

ズバリ、今シーズンの優勝予想をお願いします。

「ここでそれは辛い!難しい質問ですね。まだお伺いしていないチームもあるので。でも、みなさん優しい方々だと信じて、公平に予想するとシーホース三河ですかね。昨シーズン、栃木ブレックスに奪われた頂点への悔しさと、1月の天皇杯のファイナルで敗れてしまった悔しさ。だからこそ最後にチャンピオンシップを獲得するんだという思いが強いでしょうし、レギュラーシーズンNo.1の勝率で乗りに乗っていますからね。それでも、他の地区との対戦ということを考えると、先程挙げた千葉ジェッツも捨てがたいですね。シーホース三河か千葉ジェッツか、そんな感じになるかなと感じています」

最後に、Bリーグの楽しみ方や魅力を教えてください。

「選手それぞれのプレーはもちろん、アリーナに広がっているエンターテインメントの部分を楽しいんでほしいですね。ライブに来て楽しむという部分がバスケにはあると思っているので。あとはグッズとかも含めて、おしゃれなのがBリーグですよね。インスタ映えなどSNSでも発信しやすいですし、若い年代の人たちも楽しめると思っています。是非とも「遊び」の場所に、「デート」の場所にBリーグを選んでほしいなと思います」
文=鳴神富一 撮影=中川容邦

この記事の画像

放送情報

Bリーグ 2017-18 チャンピオンシップ

放送日時:2018年5月12日(土)~(予定)
チャンネル:Bリーグセットで全試合放送

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事