矢作兼(おぎやはぎ)、人生初のバイクツーリング「事故のトラウマは克服しました」

矢作兼(おぎやはぎ)
矢作兼(おぎやはぎ)

10月11日(金)からBSスカパー!で新番組「TOKYO BB」がスタートする。BBとはBIKE BAKAの略称。矢作兼(おぎやはぎ)とナビゲーターを務めるマッコイ斎藤がヴィンテージバイクの魅力・歴史に迫り、タイトルからも伺える本格派の内容でお送りする。今回はMCの矢作に、ロケの感想やバイクの魅力を語ってもらった。

――まず初めに矢作さんとバイクとの出会いを教えてください。

「19歳くらいの時にベスパに乗ってましたね。映画『さらば青春の光』の影響です。今乗ってるのは"アメリカン"ですけど、当時のベスパはロンドンの"モッズスタイル"のカスタムをしていました。

――収録では実際に愛機を運転する場面もありましたね。

「いやぁ実はね、今日が人生初ツーリング。初体験って何でもそうなんですけど、楽しいって気持ちがまず一番に浮かびます。最初は車内で話すどうでも良い話ってバイクだとなかなか出来ないイメージがあって。後部座席に座っても、声が聞こえなかったりするでしょう。今日は4台くらい無線を繋げてます。あのブルートゥースを使って話すのはツーリングに必須だなと思いましたね。絶対はぐれない(笑)」

――過去に転倒事故を起こした高速道路を走って湘南を目指しましたが。

「事故のトラウマは克服しましたよ。普段は街乗りばかりですけどね」

――トラウマも無くなったということで、今後バイクで走ってみたい場所は?

「ツーリングで東京から出発するのは大変なので、バイクを持ってって北海道とか(笑)」

――ご自身が所有しているハーレーダビッドソンのこだわりを教えてください。

「ハーレーがね、矢作仕様になってるの。自分が良いなと思ったデザインをミックスして、オリジナルからちょっと変えたんです」

――愛車に乗っている姿はとてもカッコよかったですよ!

「そう言ってもらえるってことは、自分っぽいバイクになってるんじゃないかな。今日一緒に走ったチームの人なんか全員イカついでしょ。基本的にそういう人が似合うんですよ、ハーレーは。僕みたいなタイプはそもそもバイクに乗ってると思われない。だから、周りの人から見て矢作っぽいカスタムになってるのかを大切にしてます。似合わないハーレーは似合わないと思いますもん」

――矢作さんの思うバイクの魅力を教えてください。

「(メガネの奥で遠くを見ながら)んー、"風"になっちゃうのかなぁ」

――あまりスピードを出さずに走ることが多いと仰られていたので意外です(笑)。

「僕が世の中で一番好きなものが"風"なものですから(笑)。でも、そうなるとオープンカーでもいいって思われるかもしれないですよね。僕は車も大好きなんですけど、乗るならオートマよりもマニュアル車の方が良い。自分で扱ってる!って感じを大切にしているんです。でもね、ドライバーと車体が一体化している感覚の最高峰は車じゃなくてバイク。僕の言う"風"をつきつめると、運転の楽しさにバイカーは惹かれてしまうのだと思う」

この記事の画像

放送情報

TOKYO BB
放送日時:10月11日(金)22:00~ 
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!