エイトブリッジ・篠栗たかしがコンビに誘った理由を明かす、別府ともひこ「もう、お腹いっぱいです(笑)」

写真左から、別府ともひこ、篠栗たかし
写真左から、別府ともひこ、篠栗たかし

くりぃむしちゅー上田晋也をMCに、古坂大魔王、浜ロン、清水あいりらが毎回さまざまな企画を展開し、今夏でテレ朝チャンネル史上最長15年目という長寿番組の「上田ちゃんネル」。そして、本番組に2019年6月からレギュラー出演し、番組を盛り上げているのが、別府ともひこ、篠栗たかしからなるお笑いコンビ「エイトブリッジ」だ。2020年元日に放送された「ぐるナイ おもしろ荘」での優勝がブレイクのきっかけとなった彼らだが、それまでの道のりは決して平たんではなかった...。そんなエイトブリッジに今回は"コンビ愛"について聞いた。

――お2人はワタナベコメディスクール(ワタナベエンターテインメントのタレント養成所)の同期ということですが、在籍当時は仲良くなかったとお聞きしました。

篠栗「そうですね。お互いにヤバいヤツだと敬遠していて(笑)」

別府「当時のぐり(篠栗)は結構年上だったんですよ」

篠栗「いや、今も年上だよ!」

別府「僕を含めて周りは19歳くらいの同世代が多くて。その時、ぐりが24歳くらいだったんで、よく遊ぶのがどうしても同年代になっちゃってたんですね。だから勝手に話が合わないって思い込んじゃってて」

――そんなお2人が、どうしてコンビを結成することになったんですか?

篠栗「養成所を卒業して、それぞれ違うコンビを組んでいたんです。その頃もライブなどではしょっちゅう一緒になっていたんで、あいさつくらいはしていたんですが、ほぼ同時期にお互いに解散しちゃって。しかも僕は元のコンビで既に『THE MANZAI』にエントリーしていたんですよ。それで別府ちゃんを誘ってみたのがきっかけですね」

別府「ぐりのことは、もちろん以前から知っていたんで、軽い気持ちで『いーよ』って感じで出たんですよ。すると、ちょっとウケたんですよね。でも、その時はあまり思い入れとかもなく『ウケるんだ、へー』くらいで」

篠栗「僕としては、すごく楽しかったんですけどね(笑)。それで『このままコンビでやってみない?』って、僕から誘ったんです。まぁ、一度断られましたけど(笑)」

別府「ピン芸人の活動で忙しかったんで」

――晴れてコンビ結成となったわけですが、方向性や将来的な目標は話合いされたりしたのでしょうか?

別府「やっぱり当時は『THE MANZAI』に出たいねって話してましたね。足並みは一緒だったよね?」

篠栗「そうだね。それで(以前の)事務所に一緒に入って。だけど、僕がバイトばっかりやっちゃって、結構ぶつかったりもしましたね」

別府「びっくりすることに30歳でパチンコにハマって、借金作って。ぐりは『パチンコは負けるようにできてるんだよ』なんて言いながら、こっそり行ってんだもん」

篠栗「一生懸命バイトに励んで、一生懸命パチンコを打ってという地獄のような日々でした」

別府「この頃は僕がネタを書いてましたね」

――その頃から、ズレたツッコミをする今の漫才のスタイルだったんですか?

別府「今のスタイルができたのは、有田さんの運転手時代に『バカの方がボケるのって普通じゃないか?ツッコミだったら新しいと思うけどね』とおっしゃっていただいて。そのスタイルでやったら、本当にウケるようになったんです」

篠栗「それに気付くまで4~5年かかりましたね」

――「おもしろ荘」で優勝して、その後「ウチのガヤがすみません!」などで、別府さんのキャラクターがウケて、ピンでのお仕事も増えられたと思います。コンビ間のバランスなどは崩れませんでしたか?例えば、篠栗さんが嫉妬してしまうとか。

別府「言われてみれば、そういう話はしたことないな」

篠栗「嫉妬はないですね。ないんですけど、『もうちょっと相方である僕の話をしてくれてもいいんじゃない?』って思うことはありました。世間では、別府ちゃんのことをピン芸人だと思っている人もたくさんいますから。もちろん、エイトブリッジの広告塔として頑張ってくれているのも知っていますから、『僕も力をつけないと』と常に思っています。別府ちゃんのボケはトリッキー過ぎて、ツッコむのが大変な時もありますが(笑)」

この記事の画像

放送情報

上田ちゃんネル
放送日時:2021年11月19日(金)1:00~ほか(#358)
チャンネル:テレ朝チャンネル1
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!