乃木坂46・伊藤理々杏 オオミミギツネの衣装を着た自身の姿に「自分じゃない感じ」

乃木坂46・伊藤理々杏
乃木坂46・伊藤理々杏

舞台「けものフレンズ『JAPARI STAGE!』~おおきなみみとちいさなきせき~」が、9月27日(金)より東京・品川プリンスホテル クラブeXにて上演される。

同舞台は、ヒトの姿をしたキュートなフレンズたちの日々を描いたもので、アニメ、ゲーム、舞台などさまざまなジャンルでメディアミックスされている人気コンテンツの舞台版3作目。

今回、同舞台で主演を務める乃木坂46・伊藤理々杏にインタビューを行い、主演を務める意気込みや、演じる上での苦労、稽古の様子などについて聞いた。

――人気作の第3弾で主演を務める意気込みは?

「『けものフレンズ』というすごく大きな作品なのでプレッシャーや緊張感もあるんですけど、見に来てくれる皆さんに『けものフレンズ』の世界に入り込んで楽しんでいただけるように、出演者の皆さん、スタッフの皆さんと一緒に作っていきたいなと思っています」

――前作の舞台はご覧になりましたか?

「映像で見ました!動物たちがすごくかわいくて、現実の辛いなって思うことや疲れたなって思うことを忘れられる世界観がいいなって。だから、今回の舞台もそういったところは引き継ぎつつ、見てくださった方の心を動かせるような新しい何かを伝えられたらいいなって思います」

――演じられるオオミミギツネはどんな役柄ですか?

「アニメなどで描かれているオオミミギツネはしっかり者のキャラクターなのですが、今回の舞台では生まれてすぐのオオミミギツネを演じさせていただきます」

――演じる上で苦労していることは?

「生まれたばかりのオオミミギツネというのはどこにも描かれていないので、どうやって表現するかということにすごく難しさを感じています。セリフ回しも子供っぽかったりするので、どこでオオミミギツネの感じを出せばいいだろうかっていうのは苦労していますね。そんな中で、場をかき回していくようなキャラクターなので、なるべく元気に周りの"フレンズ"たちをかき回せればなって思っています!」

――ご自身は普段から"場をかき回すキャラ"ですか?

「全然違うんですよ。年上に見られることが多くて、年相応に見られないくらいで...。私自身としてはアニメとかで描かれている方のオオミミギツネに近いかなって思っているんです。だから、自分とは違うぶん演じるのがすごく楽しいです!ただ、演じている時に一気にテンションを上げたりするのは難しいなって(苦笑)」

――ビジュアル撮影で衣装を着られたと思いますが、オオミミギツネになった時の感想は?

「新鮮でした!人間じゃない役というのが初めてなので、耳や尻尾を着けたりするのがすごく楽しくて、出来上がった写真を見ても自分じゃない感じがしました」

この記事の画像

舞台情報

舞台「けものフレンズ『JAPARI STAGE!』
~おおきなみみとちいさなきせき~」
9月27日(金)~10月6日(日)
東京・品川プリンスホテル クラブeX

伊藤理々杏のスカパー!出演情報はこちら

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!