乃木坂46・生田絵梨花三浦春馬を信頼「本当に心強いです」

乃木坂46・生田絵梨花
乃木坂46・生田絵梨花

乃木坂46・生田絵梨花が、2020年3月7日(土)より上演されるミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~」に出演する。

同作品は、「オペラ座の怪人」「キャッツ」を生み出したミュージカル界の巨匠、アンドリュー・ロイド=ウェバーの傑作で、白井晃演出の下、主演・三浦春馬、ヒロイン・生田絵梨花で日本初上演する。

ストーリーは、1959年アメリカ・ルイジアナで脱獄した1人の「男(ザ・マン)」は命からがら、ある納屋に身を潜める。偶然彼を見つけた少女スワロー(生田)は、彼をイエス・キリストの生まれ変わりだと信じ「死んだお母さんにもう1度会いたい」とお願いする。ザ・マンは、汚れなき瞳を持つスワローに自分の本性を打ち明けることができず、キリストとして過ごすことになる。

今回、生田にインタビューを行い、同作品出演の感想や作品の魅力、三浦の印象などについて語ってもらった。

――出演が決まった時の感想は?

「演出の白井さん、(三浦)春馬さんとご一緒できるというのが本当にうれしくて!春馬さんのことはもちろん知っていましたし、白井さんも私がまだミュージカルを始めて間もない頃にお芝居についてすごく悩んでいた時期があったのですが、その時に先輩方から『白井さんの現場は勉強になるよ』と聞いていて『いつかご一緒できたらいいな』と思っていたので、ご一緒できるって聞いた時はうれしかったです。また、アンドリュー・ロイド=ウェバーさんの曲は名曲ぞろいなので、その作品に出られて自分がその曲を歌えるというのは、すごくうれしいなと思いました」

――同作の楽曲の印象は?

「スワローが歌う曲は『浄化されるような美しい調べだな』と思うので、日本語だと変わってくる言葉の意味合いを美しいメロディーにどう乗せていくか、というのをこれから探っていきたいと思います。また、スワローが歌う曲は裏声で歌うところもあれば地声もちゃんと使うので、すごく豊かな表現ができるんじゃないかなと思います。これからスワローとしての歌い方をしっかり探っていきたいなと思っています」

――数ある楽曲の中で楽しみにしている部分は?

「純粋に信じる力を持つ子供たちと街の秩序を守ろうとする大人たちというのは、同じ出来事を目にしていても受け取り方が全然違う。それが同じ楽曲の中で子供たちのキラキラした歌声と大人たちの責める感じの歌声が掛け合うようなところは、英語で聴いていても凄みがあるので、日本語バージョンがどういうふうになるのかというのは楽しみです」

この記事の画像

舞台情報

ミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~」
2020年3月7日(土)~3月29日(日)
東京・日生劇場

生田絵梨花のスカパー!出演情報はこちら

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!