乃木坂46・白石麻衣が語る"襲われるシーン"に込めた作品への思い

乃木坂46・白石麻衣
乃木坂46・白石麻衣

先日グループからの卒業を発表した、乃木坂46・白石麻衣がヒロイン役として出演する映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が2月21日(金)に公開される。

同作品は、志賀晃の同名小説を実写化したもので、北川景子主演の映画「スマホを落としただけなのに」(2018年)の続編。刑事・加賀谷(千葉雄大)が連続殺人鬼・浦野(成田凌)を逮捕して幕を閉じた後日談を描く。白石は、謎の男に狙われる加賀谷の恋人・美乃里を熱演。

犯人が捕まったにも関わらず、若い女性の遺体が同じ殺人現場から次々と発見され、捜査は混迷を極める。加賀谷は最後の手段として、浦野に捜査協力を依頼。浦野は、かつて自分にネット犯罪の全てを教えた謎の人物「M」の存在を明かす。そんな中、加賀谷は恋人の美乃里が何者かに狙われていることに気づき、事件は誰もが予想しない急展開を見せる...というストーリー。

今回、同作で体当たりの演技を披露している白石にインタビューを行い、撮影秘話や作品に懸ける思いなどを語ってもらった。

――ヒロインの美乃里を演じた感想は?

「最初に千葉さんと何回か動きを付けてやらせていただきながら、中田(秀夫)監督と相談を重ねて一緒に美乃里を作り上げていきました。難しい役どころでしたが、監督と話し合って役を作る作業は『難しいけど楽しいな』と感じながらいろいろ学ぶことができて、『またお芝居をやりたいな』という気持ちが強まりました」

――中田監督の演出はいかがでしたか?

「役柄については『美乃里は強い女性だから、はっきりした感じで』というアドバイスをいただきました。撮影では、監督がシーンごとに恐怖度を数字で表してくれるんですよ!『MAXで!』とか『何割増しで』とか(笑)。最初はちょっと難しかったのですが、自分なりに(解釈して)やらせていただきました」

――撮影で大変だったことは?

「終盤の美乃里が襲われるシーンは、体力的にも精神的にもクラッときましたね。でも、終わった後はやり切った感がすごくあってすっきりしました!」

――あのシーンはかなり体当たりのお芝居を披露されていましたが?

「描かれているものに対しては『良い作品を作るためなら自分ができる範囲でやりきりたいな』と思っていたので、いろいろ話し合いながらやらせてもらいました。撮影の時は、もう『やってやるぞ!』という気持ちで」

この記事の画像

出演情報

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
2月21日(金)公開

白石麻衣のスカパー!出演情報はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!