新センター・賀喜遥香が語る乃木坂46の未来図「今までの乃木坂46をこれからも守っていけたら」

写真左から 、遠藤さくら、久保史緒里、樋口日奈、賀喜遥香
写真左から 、遠藤さくら、久保史緒里、樋口日奈、賀喜遥香

乃木坂46・生田絵梨花、樋口日奈、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香が「MTV Unplugged: Nogizaka46」(MTV)に出演した。

同番組は、世界中のトップアーティストが出演し、独創的で個性あふれるアコースティックライブの源流として歴史を刻んできた音楽番組。今回は2021年12月31日(金)をもって乃木坂46を卒業する生田のソロ歌唱を軸に、代表曲の数々を一夜限りのアコースティックアレンジで届ける。生田のソロ歌唱のほか、生田と他のメンバーとのペア歌唱、5人による歌唱など、楽曲によって紡がれるメンバーそれぞれの思いにも注目だ。

【インタビュー第1弾】乃木坂46・遠藤さくらが生田絵梨花から受け取ったもの「生田さんからは優しさをいっぱいもらえた」

今回、収録前の樋口、久保、遠藤、賀喜の4人にインタビューを行い、グループの10周年イヤーとなった2021年や今後のグループについて語ってもらった。

――生田さんとペア歌唱される楽曲に込める思いを教えてください。

樋口「歌わせていただく『バレッタ』は、オリジナルでは私は選抜に入っていないので歌っていないんですけど、すごくカッコいい魅惑的な曲調で好きな曲なので、今回生ちゃんと歌わせてもらえるというのはすごくうれしいです。生ちゃんが『1期生2人で歌うから、余裕のある感じで歌いたい』って言ってくれたので、余裕を持ちながら楽しみながら歌いたいなって思っています。あまり目を合わせるところがないのですが、『最後だけは目を合わせようね』って打ち合わせたので、それぞれ自立した感じでカッコよく歌いつつ、最後は2人でそろってきれいに終われたらと思います!」

久保「私は『サヨナラの意味』を歌わせていただくのですが、この楽曲は私が加入する前の曲で、ライブとかで歌わせていただく時もいつも身が引き締まる思いで歌わせていただいている曲なんです。それを生田さんと2人で、卒業を控えられているこのタイミングで歌わせていただけると聞いた時は、正直驚いて『私が歌っていいのかな』と思いました。歌詞の一つ一つが生田さんに向けた自分の思いでもあるし、それを歌に乗せて伝えることができるのがうれしい反面、ちゃんと歌いたいので『これで最後かもしれない』という感情が先走ってしまわないよう、感情に蓋をしながらしっかり歌えたらいいなと思います」

遠藤「(生田とペア歌唱する)『帰り道は遠回りしたくなる』は乃木坂にとっても大事な曲ですし、『私が生田さんと一緒に歌って大丈夫なのかな』という気持ちはすごくあるのですが、生田さんがこの曲について『ずっとさくちゃんらしいなって思っていた』と言ってくださって、それがすごくうれしかったので、そのうれしい気持ちを大事にして楽しめたらいいなと思っています」

賀喜「歌わせていただく『いつかできるから今日できる』は私が加入する前の楽曲で、ライブとかでもあまり歌った経験がないので、『生田さんがいて、私はいない』という私が見ていた乃木坂46というイメージなんです。そんな曲を生田さんと私が歌わせていただくというのが不思議で...。だからこそ、生田さんへの好きな気持ちや憧れの気持ちを持ってしっかり歌えたらいいなと思っています」

この記事の画像

放送情報

MTV Unplugged: Nogizaka46
放送日時:2021年1月8日(土)20:00~
チャンネル:MTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!