乃木坂46・伊藤理々杏が待ち望んだ舞台への思いを吐露「延期は涙が出たほど悔しかった」

乃木坂46・伊藤理々杏
乃木坂46・伊藤理々杏

8月20日(土)より上演される、「日生劇場 ファミリーフェスティヴァル 2022 NHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビガール』」。本作には1961年の放送開始以来、広く親しまれているNHK「みんなのうた」の名曲が全編に散りばめられており、誰もが楽しめるミュージカルとなっている。今回は歌唱披露イベントに登場した乃木坂46の伊藤理々杏に、作品への思いや見どころを聞いた。

――『リトル・ゾンビガール』への出演が決まった時はどんな心境でしたか?

「初めてお話いただいた時は、小さい頃から見ていたみんなのうたのミュージカルに出演できるということで本当にびっくりしました。でも、それ以上にうれしい思いが強くて、自分がどうやって演じていったらいいんだろうって考えるとすごくワクワクしました」

――もともとは2020年の上演予定だったのが、コロナで延期になっていたと伺いましたが?

「そうなんです。2020年の時も演じるのが本当に楽しみだったので、延期と聞いた時は本当に涙が出たほど悔しかったです。それからはずっと待ち望んでいたというか、1番と言ってもいいぐらい楽しみにしていたので、今回上演が決まってすごく幸せです」

――今回は男の子役を演じると伺いましたが、どんなキャラクターですか?

「ショウ君はちょっと内向的というか内気で、自分の気持ちを相手に伝えるのがちょっと苦手です。でも、ダンスや歌がすごく大好きで、おうちではずっと歌ったり踊ったりしているように好きなものへの情熱をすごく持っている。そんな真っ直ぐな男の子なんですね。私も結構人見知りですが、好きなことへの熱は誰にも負けないと思っているので、そういう部分はショウ君と似ていると思います。なので、自分とショウ君を重ね合わせながらしっかりと向き合って、子供らしい繊細さやまっすぐさも表現していきたいです」

――ショウ君を演じる上で難しいと感じる部分はありますか?

「自分では男の子らしくしていると思っても周りの方から見ると全然そう見えていなかったりとか。普段から染み付いている仕草とかを変えていくのはすごく難しいですが、頑張りたいと思います」

この記事の画像

放送情報

日生劇場 ファミリーフェスティヴァル 2022 NHKみんなのうたミュージカル
『リトル・ゾンビガール』
2022年8月20日(土)~28日(日)
※22日(月)、26日(金)は休演日
東京・日生劇場

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事