#ババババンビ、初挑戦の短編ドラマPVの撮影はトラブル満載!

初短編ドラマPV「ハナビガタリ」の完成記念上映会を開催した#ババババンビ
初短編ドラマPV「ハナビガタリ」の完成記念上映会を開催した#ババババンビ

#ババババンビが7月31日に東京都内で初短編ドラマPV「ハナビガタリ」完成記念上映会&浴衣チェキ会を開催した。

同イベントは、メンバーが演技に初挑戦したドラマ仕立てで制作された「ハナビガタリ」のPVを上映するほか、浴衣姿で登場したメンバーが撮影エピソードを語るトークショーも行われた。

今回、イベント前のメンバーにインタビューを行い、PV完成の感想や撮影の裏話、初挑戦となった演技について語ってもらった。

――初となるドラマ仕立てのPVが完成しましたが感想は?

岸みゆ「短編ドラマが入るというのが初めての試みだったからどんな感じに完成したのかドキドキだったんですけど、出来上がったものを見て『みんなが見たいポイントがたくさん詰め込まれているな』って思いました。初めて見る私たちの姿とか演技をしているところとか、神社で浴衣で踊っている姿とか、ライブでは見られない私たちが見られるので、みなさんにも喜んでもらえると思います!」

水湊みお「去年4本連続でPVを撮影した際に、運営さんとどの曲を撮影するか話し合ったんですが、7人全員が『"ハナビガタリ"が撮りたいです』と言っていて。ただ、結局去年は撮らないことになって『翌年に、すごい花火のCGを入れたりして撮ろう』って言ってたんです。そんな経緯があって、今年本当にPVを作ることになったんですけど、撮影ではわざわざ私たちのために屋台を用意していただいたり、メンバーそれぞれに浴衣を着させていただいたり、CGの花火を打ち上げてもらったり、演技もさせてもらったりと、本当に豪華なPVになってるなと思うので、『もう早くみんなに見てほしい!』っていう気持ちでいっぱいです!」

――作詞をされた吉沢さんは、自身の歌詞がドラマになった感想は?

吉沢朱音「制作した時はドラマになるなんて想像していなかったのですごくびっくりなんですけど、うれしい気持ちが大きくて!片思いの人に対するもどかしい気持ちを歌った歌なんですが、完成したドラマを見て、大体自分の想像通りで『これこれ~!』って思いました(笑)。 (PV内のストーリーでは)結局、思いはかなわないんですけど、そこもイメージ通りで『グッド、グッド~』って感じですね」

池田メルダ「なんだよ『グッド、グッド~』って (笑)」

この記事の画像

PV情報

#ババババンビ 「ハナビガタリ」(短編ドラマver.)

https://www.youtube.com/watch?v=5370rp6OoM8

#ババババンビの出演情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事