≠ME・菅波美玲がファンに切望「推しメンの芸術センスを知ったとしても、嫌いにならないでください」

写真左から 蟹沢萌子、本田珠由記、菅波美玲
写真左から 蟹沢萌子、本田珠由記、菅波美玲

≠MEの冠バラエティ番組「≠ME 先輩、も~っと教えてください!!」では、メンバーが「もっと≠MEを発信していく」をコンセプトにさまざまなことにチャレンジ中。

9月16日(金)放送の#35では、メンバーたちが芸術的なセンスを競う「芸術は爆発だ!ノイミー秋の大芸術祭SP」の前編を。メンバーが事前に提出したアンケートを基に「お絵描き」「川柳」などのセンスを調査し、ゲストの原口あきまさの進行の下、各ジャンルのランキングを発表していく。スタジオには尾木波菜、蟹沢萌子、菅波美玲、鈴木瞳美、本田珠由記の5人が登場し、ランキングの結果に一喜一憂する。

今回、収録を終えた蟹沢、菅波、本田にインタビューを行い、収録の感想やメンバーとのセンスにまつわるエピソード、この秋やりたいことなどについて語ってもらった。

――メンバー同士で芸術的センスを競う企画でしたが、収録の感想は?

蟹沢「笑い過ぎてお腹が割れました!(笑) 先輩ゲストとして原口あきまささんが私たちの回答をより面白くしてくださったので、メンバーのアートを見て笑って、原口さんが拾ってくださってさらに笑うという感じで本当に楽しい収録でした。また、アートの奥深さも感じることができたので、視聴者の皆さんにもすごく楽しんでいただけるんじゃないかなと思います」

菅波「私に芸術のセンスがあるかどうか分からなかったのですが、専門家の方に講評していただいて、『上手いとか下手とかじゃなく、そういう見方もあるんだなあ』と思ったことが印象的でした。芸術に関して専門家の方の意見を聞く機会なんてなかなかないので、すごく新鮮な気持ちになりました」

本田「今まで"メンバーにアートのセンスがあるかどうか"ということをあまり考えたことがなかったので、(収録前は)専門家のプロの方から見てみんながどんなセンスを持っているのか楽しみでした。収録が進んでいく中、『この子はこういうセンスなんだ』と知ることができて、笑いあり感動ありの収録でした」

――収録前、芸術的センスに関する自信はありましたか?

蟹沢「学校で習う美術とかはあまり自信がなかったんですけど、"アートセンス"という言葉には無限の可能性が広がっているじゃないですか?(笑) なので、『ちょっと思うがままに書いてみよう』という気持ちでアンケートを書いたらそれがすごく楽しかったので、『いい順位になれたらいいな』と思っていました」

菅波「美術が苦手で"想像したものを書く"というのができないので、自分には芸術的センスはないのだろうなと思っていました」

本田「センスがあるかは分からないけど、『自分らしい個性的なアートの力は持っているかなと』思っていたので、ちょっぴり自信はありました(笑)」

――メンバーと過ごす中で、「この子、センスあるな」と感じることはありますか?

菅波「グッズ制作の一環で絵を描いたり、自画像を描く機会もあったりしたのですが、みんな結構上手なんです!だから、『芸術センスがあるメンバーが多いな』って最初の頃に気付いちゃいました。私は、幼稚園生の頃に描くような絵しか描けないのですが...」

蟹沢「でも、ツイートとか見ていると、(菅波)美玲は文章のセンスがあるなって思います。アップする写真に添える一言に、美玲ちゃんの言葉のセンスがめちゃめちゃ表れています。あと、みるてん(本田)は独自の世界観が確立されているので、『センスあるな』と思いますね」

本田「ノイミーのみんなって一人一人の絵の描き方とか絵のタッチが確立していて、絵を見るだけで誰の絵なのか分かるくらいなんです。みんな自分らしさがあふれている絵が描けるのですごいなって思います。放送でも是非みんなが描いた絵を見比べてみてください」

この記事の画像

放送情報

≠ME 先輩、も~っと教えてください!!#35
放送日時:2022年9月16日(金)22:30~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事