ASIAN KUNG-FU GENERATIONが360度ファンに囲まれて一夜限りのパフォーマンス!

2018年11月27日、東京・恵比寿LIQUIDROOMでスペースシャワーの番組「SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU"」のライブ収録が行われた。この番組は"あなたの側で、生きてる音楽。"をコンセプトとしており、今回はASIAN KUNG-FU GENERATIONをゲストに迎え、抽選で選ばれた350人のファンが無料招待された。

会場に入ると、ステージではなく、いつもは観客がいるフロアに円を描く様に楽器が設置されており、それを囲むようにファンは360度、好きな場所からライブを見ることができる"フロアライブ形式"になっていた。

開演時間となり、ステージ上からファンの間を通って、後藤正文(ボーカル&ギター)、喜多健介(ギター)、山田貴洋(ベース)、伊地知潔(ドラム)の4人とサポートメンバーのシモリョーが姿を現した。「センスレス」で始まり、続けて「スタンダード」を演奏。オーディエンスとの距離が近い分、いつものライブ以上に会場全体との一体感を感じた。後藤が「俺たち今日、動物園の動物みたい(笑)。こんな近いライブもなかなかないから、みんな緊張しないで自由に」とファンに呼びかけ、「マーチングバンド」に突入。「ブルートレイン」では青の、「サイレン」では赤のライティングが楽曲を演出し、それぞれの楽曲の世界観を体感させてくれる。「生者のマーチ」の後、「『今日は潔さんを見に来たのに、潔さんの後ろだったから、ゴッチさん(後藤)しか見えなかった』とか。でも、見えないなりに、珍しい光景だと思うので。山ちゃんの後ろ髪はジェルで固まってるのかな?とかね。」と話し、会場を和ませた。

後藤正文

その後、喜多もMCに参加。山田の服装についてツっこむなど、メンバー同士、仲の良さを感じさせた。そしてMCは12月5日に発売されたニューアルバム「ホームタウン」の話へ。

山田貴洋

「アルバムタイトル曲、今日初めて人前で演奏するからすげえ練習したもんな」と言い、「ホームタウン」をライブ初披露。躍動感のあるリズムと軽快なメロディーで会場を盛り上げる。「スリープ」「荒野を歩け」も続いて披露し、「Re:Re:」「リライト」などの代表曲も繰り出し、ファンのテンションも最高潮に。

伊地知潔

「10年前ならやらないこともやれるようになりました。昔の方がかっこいいとかあったりするかもしれないけど、そういうのはどうでも良くなってきたな。ただいい曲を作りたい。いい演奏したい」という後藤のMCに続いて「今を生きて」「ボーイズ&ガールズ」で本編を締めくくった。アンコールでは愛してやまないWeezerの「You Gave Your Love To Me Softly」のカバーと「All right part2」を演奏し、全15曲のライブが終了。「来年もライブが35本くらい決まっていて、来年は年中ライブをやりますんで」とうれしい報告もあった。

喜多健介

迫力のある演奏と歌を間近に感じられたこのスペシャルなライブの模様は、2019年1月26日(土)にスペースシャワーTVで放送される。代表曲から最新アルバムの楽曲まで、新旧織り交ぜたこの日だけのプレミアムライブは必見だ。

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

SPACE SHOWER TV“LIVE with YOU” ~ASIAN KUNG-FU GENERATION~ supported by uP!!!
放送日時:2018年1月26日(土)22:00~
チャンネル:音楽・ライブ! スペースシャワーTV

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの
放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事