小籔千豊くっきー川谷絵音らによる異色バンド、ジェニーハイが初「2018 FNS歌謡祭」の裏側を明かす!

写真左上から反時計回りに/小籔千豊、中嶋イッキュウ、川谷絵音、新垣隆、くっきー(以上、ジェニーハイ)、やべきょうすけ、紗蘭、Licaxxx
写真左上から反時計回りに/小籔千豊、中嶋イッキュウ、川谷絵音、新垣隆、くっきー(以上、ジェニーハイ)、やべきょうすけ、紗蘭、Licaxxx

BSスカパー!の番組「BAZOOKA!!!」の知名度を上げるため、始動したプロジェクトから生まれたのが異色個性派バンドのジェニーハイ。ドラム担当の小籔千豊、ベース担当のくっきー(野性爆弾)、ボーカル担当の中嶋イッキュウ(tricot)の3人で結成し、その後、川谷絵音(ゲスの極み乙女。/indigo la End/ichikoro)がプロデューサー兼ギターとして加入。さらに、小籔が「俺の知り合いで一番エゲツないキーボード」として推薦した新垣隆をキーボード担当として迎え、現在の5人体制が確立。いろんな面で注目度の高いメンバーが集まったことで、結成当時から話題になっていたが、先日、「2018 FNS歌謡祭」(フジテレビ)に出演したことで、Twitterのトレンド入りをするほど注目度が急上昇した。

このプロジェクトが始まった時から、"地上波の有名音楽番組に出演すること"を目標として掲げ、それが実現したということで、12月24日放送の「BAZOOKA!!!」では、「2018 FNS歌謡祭」の裏側を追ったドキュメンタリーが放送された。

(C)BAZOOKA!!!

まずは11月某日、川谷Pがワーナーミュージックにジェニーハイのメンバーたちを招集した。くっきーが「いつも呼び出されるパターン。(自分が)来いって思いません?めちゃめちゃ年下ですよ(笑)」と早速グチっぽくツッコミを入れるが、もしかしたら解散?という話になり、小籔は「活動期間1年半で解散って嫌やで」と不安な気持ちを隠せない様子。ドキドキしながら川谷Pのところにやってきた4人に向けて、「重大発表が」と前置きし、「2018 FNS歌謡祭」への出演が決定したことを告げた。aiko、大塚愛、KAT-TUN、Superfly、乃木坂46などが出演すると聞き、小籔は「豪華アーティストがいっぱい出るやつ」と興奮気味だったが、吉本坂46も出演するとわかると、くっきーは「もしかして吉本坂46のバーター!?」と。しかし川谷から、バンドは他にWANIMA、Mrs. GREEN APPLEぐらいなので非常に狭き門だということを聞かされると、再びモチベーションを上げた。中嶋は「うれしさよりも緊張が」と気持ちを告白。すると、川谷が「歌詞が(画面の下に)映る」と教え、「あぁ、最悪や」と不安が増した中嶋に「僕も紅白で歌詞間違えたから」とフォローする一幕も。

12月11日。本番前日のリハーサルがフジテレビで行われた。川谷に続いて、くっきーが楽屋に入ってくるが、この日はリハだと知らされ、「(今日が)本番やと思ってました」と天然をかます。中嶋は「明るい人になりたいと思って」と髪の色を変えて登場。新垣は別件で来られないため、4人でリハが行われた。豪華なセットで演奏できたことがこの日の大きな収穫となったようだ。

そしていよいよ本番当日。この日も川谷Pが一番乗り。本番までまだ12時間以上ある。それから1時間後、小籔、くっきー、新垣が合流。その後、中嶋も到着したが、スタッフの手違いによりリハーサルはスタッフだけで行うのでアーティストは来る必要がなくなったことを知らされる。川谷は「それは怒るでしょう!おかしいと思ったんだよな。誰もいないし、アーティスト名の貼り紙もなかったから」とご立腹。小籔は逆に「番組的には面白くなりましたね(笑)」とうれしそうだった。
それから8時間ほど空き時間が生じたということで、食事に行ったり時間を潰したらしいが、くっきーはなぜか「自転車を買いに行ってました」と、赤い自転車を購入していた。

本番15分前。イヤモニを装着して、本番に向けてスタンバイ。中嶋は「カウントが流れた瞬間に急に緊張しそう」、くっきーも「気がついたら汗がジワっと出てる」と本番が近づき緊張感も増してきたようだ。
円陣を組み、ちょっとグダグダな掛け声で、いよいよ本番のステージへ。この日は「片目で異常に恋してる」を披露。緊張感のある中、無事に演奏を終えて、楽屋に帰ってきた。「カコーン、カコーンって音が聞こえてきた。伝説の階段を上がってる音が」と興奮冷めやらぬくっきー。

この番組の様子を振り返って、「思ったよりも緊張しなかったです」と中嶋が当日の心境を語り、「音楽番組でドラムを叩く人生になるとは思ってなかった」と小籔が感想を伝えていたが、くっきーは「奇跡みたいなもんじゃないですか、FNSって。このメンツが集まるのも奇跡ですし、奇跡と奇跡のミルフィーユですわ(笑)」という意味不明(?)な例えで表現。川谷は「もっと頑張りたいです。次は入り時間を遅くしてもらいたい」と。

番組出演は様々な人からの反響があったという。柳原可奈子、渡辺満里奈、そしてダウンタウンの浜田雅功からも「見たぞ」と言われたと小籔が語った。

(C)BAZOOKA!!!

「BAZOOKA!!!」の後半はスペシャル生メドレー。自己紹介的なラップで構成される「ジェニーハイのテーマ」、アップテンポな「ランデブーに逃避行」、ゆったりとした雰囲気で聞かせる「強がりと弱虫」、最後は「片目で異常に恋してる」の4曲を演奏。「テレビで4曲フルで演奏したのは初めてです」と川谷は満足そうな表情で、このメドレーについての感想を話した。

(C)BAZOOKA!!!

これからのことを聞かれると、「もう来年、でかいライブが結構決まってますから」とサラッと語り、それにメンバーは驚いていたが、「テレビも声がかかるのであれば、行かせていただきたい」と小籔が意欲を示した。
「来年(2019年)は、紅白狙いたいですね」と川谷。夏フェス(JOIN ALIVE)に出演し、地上波の音楽番組の出演という目標も達成した。次に掲げる目標の「NHK紅白歌合戦」出場というのも夢ではなく、実現可能な目標なのかもしれない。

(C)BAZOOKA!!!

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

BAZOOKA!!! #254再放送
放送日時:2018年12月31日(月)1:00~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!